rf 4ej 偵察ポッド 4


google_ad_width = 468;

。RF-4Eは1971年に大西洋を横断し西ドイツに到着後、第51偵察航空団(ドイツ語版)と第52偵察航空団(ドイツ語版)の2個航空団において、RF-104Gを更新した。, また、同時期にF-104Gの後継機としてトーネードIDSを導入し、防空及び攻撃任務を担わせようと計画した[25]。だが、F-104Gの退役開始時期に間に合わないとして、1970年に防空戦闘機の導入を決定する[25]。, 当時、アメリカ国内にて輸出用戦闘機として単座化・簡素化したF-4Eが計画されていたが、最終的にはF-5Eが選定される[25]。しかし、この機体案は西ドイツ空軍が求めていた要求に合致し、1971年に西ドイツ向けF-4Eが提案された[25]。案では単座化のほか、AIM-7の運用能力が外されていたが、設計変更に伴う価格上昇も見込まれた[25]。西ドイツ空軍は方針を変更し、複座型のまま、AIM-7の運用能力削除のみを施したF-4Fが採用された[25]。, 1976年4月より引き渡しが開始され、175機が製造された[25]。この内の12機はアメリカでパイロット訓練用に用いられたことから、非公式にTF-4Fと呼ばれている[25]。訓練部隊の第20戦闘飛行隊(英語版)は、当初はカリフォルニア州ヴィクターヴィルのジョージ空軍基地(英語版)、1993年からF-4Fのパイロット養成が終了する2004年まではニューメキシコ州オテロ郡のホロマン空軍基地(英語版)を拠点としていた。F-4Fは西ドイツ国内では第71戦闘航空団(ドイツ語版)、第74戦闘航空団(ドイツ語版)、第35戦闘爆撃航空団(ドイツ語版)、第36戦闘爆撃航空団(ドイツ語版)の4個航空団に配備された。最終的に西ドイツが保有したF-4はRF-4E、F-4E、F-4F合わせて273機にも達した。, 冷戦終結と東ドイツとの統一に伴う軍縮で1993年にRF-4Eが全機退役し、代わりに保有数は減少するが稼働率の向上を見込みトーネードIDS/ECRを導入した。この時退役したRF-4Eは後にトルコとギリシャに引き渡されている。そしてF-4Fも2013年7月末をもって全機退役した。ドイツでF-4に付けられたニックネームには、黒い排煙を吐き出しながら飛ぶために「空飛ぶディーゼル(Luftdiesel)」「石油ストーブ(Öloffen)」や、当時の戦闘機としては大柄な機体から「鉄の豚(Eisenschwein)」があった。, オーストラリア空軍のキャンベラの後継機候補としてF-4Cが挙げられたが、F-111Cに敗れた。F-111は当時まだ開発中であったため、つなぎとしてF-4CをKC-135と共にリースすることも提案されたが、これも実現しなかった。, しかし1960年代後半、F-111に設計上のトラブルが発生し戦力化に遅れが生じた。オーストラリア空軍はこの穴埋めとしてアメリカ空軍から24機のF-4Eをリースし1970年から3年間運用した。万一F-111をキャンセルした場合はそのまま買い取ることができるオプションもあったが、最終的に事故で失われた1機を除き全機アメリカへ返還され、事故機分の弁償金も支払っている。, 1974年3月よりアメリカからF-4Eの引き渡しを受ける。この引き渡し計画は「ピース・イカロス」と呼ばれた[24]。まず36機のF-4Eを受領し、1976年6月には消耗分の2機が追加で引き渡されている[24]。, 引き渡しはその後も継続され、1978年6月から1979年4月にかけてF-4E 18機とRF-4E 8機が引き渡された[24]。これに加え、1978年8月から12月までの期間に数機のF-4Eを追加受領する。同年にはF-4EとRF-4Eの追加発注が行われ、同時に西ドイツ空軍で余剰となった29機のRF-4Eを取得する[24]。, 1987年にはアメリカ空軍がギリシャ国内の空軍基地使用期限を8年延長する見返りとして、アメリカ空軍のF-4E 50機とF-4G 19機を引き渡す提案が示されたが、結局28機のF-4E受領に留まる[24]。, 現在は老朽化したF-4Eの退役に伴い、F-16の配備が進んでいる。その一方39機のF-4Eには改良が施された。この改良はドイツ空軍のF-4改修計画「ICE(Improved Combat Efficiency:戦闘効率改善)」を行ったESDA社(現EADSジャーマニー)が担当し全機が「F-4F ICE」と同様の改修を受け「F-4E PI2000」(F-4E AUP)となり、1999年4月28日に初飛行した。, 2007年現在、ギリシャ空軍はF-4 PI2000を36機、RF-4Eを23機保有しており、これに加え10機程度が補充用に保管されている[24]。, 2017年5月5日、RF-4Eを装備していた第348飛行隊が解隊された[26]。これに伴い、RF-4Eも退役した。. 改修時期により塗装が異なる。 名称 愛称(※は部隊内通称) 画像 調達数(※は改修数) 注釈 acmi: 空戦機 … google_color_link = "FFFFFF"; 2012年10月21日の百里基地祭にて格納庫の浦に並んでいた用廃機の中に57-6376があり、これが解体され、機首部だけを福島県に搬送したとしても時間的には無理がないこと。, c. 塗装から明らかに7機存在した限定改修機のうちの1機であり、次の消去法により376号機となる。, ・2012年10月21日の百里基地祭にて格納庫裏に並んでいた用廃機372号機および374号機とは機首右側の塗装パターンが明らかに異なる。, ・2006年4月18日に撮影された373号機および418号機とは塗装パターンが異なる。, RF-4EJ量産改修機47-6347は2006年9月29日に百里から浜松への最終飛行を行い航空機としては用途廃止となった。その後は術科校でBDR訓練機となっていたが、使用後には廃棄されたようだ。なおBDRとは Battle Damge Repair(戦時損傷修理)の略で、対空火器などにより軽微な損傷を受けた機体を(整備工場ではなく)前線で修理すること。訓練では機体に物理的に小さな損傷を作ったうえで、この損傷部分を補強したり、ヒビ割れの広がりを止めるための修理を行う。修理後の機体はパッチだらけになる。一術校ではツルハシで傷をつけ、その脇に傷をつけた年月日と誰がやったのか氏名を書き込んでいたという。この機体は浜松基地見学時には見ることができたようで、「浜松基地」「見学」の単語でGoogle 検索を行うとその写真を見つけられる。参考までにURLを貼りつけておく。https://livedoor.blogimg.jp/tabinozasshi/imgs/d/3/d35bb1f7.JPG, また2020年10月12日時点ではInstagram上に一枚の写真が投稿されている。, ついでに言うとソウルの戦争博物館に展示されているF-4CもBDR訓練機であり、あちらこちらにパッチの跡を見ることができる。, 写真3 オールドカーセンタークダンにあるRF-4EJの機首。左側S/Nは680とされていた。(2019年08月24日撮影), 写真4 反対側ノーズナンバーは37X(xの部分には1と書かれている)だが、塗装パータンより376号機と断定する。(2019年08月24日撮影)<垂直尾翼のモニュメント>, 1) 27-8305 新田原基地301飛行隊マーキング(2020年9月8日時点での現状不明), 写真5-1~5-3 百里基地内にある垂直尾翼のモニュメント。(#373と#418は2019年12月1日撮影、#902は2019年11月撮影。#902の垂直尾翼は青色をベースとした洋上迷彩塗装とされた時期もあった。), 1) F-4C  40679  三沢基地  基地司令部前にある40679(64-0679)号機は基地祭の時に撮影可能であったが、2019年度にはその展示機エリアは非公開となっていた。今後は撮影できないかもしれない。, 2) F-4S  155807  厚木基地  一般公開時に撮影可能。厚木駐留部隊のマーキングを施していたが固定翼部隊が2018年に岩国に移転したため、今後はどのようになるのか楽しみである。, 3) F-4C  37433(63-7433)  嘉手納基地 一般非公開のため詳細は不明だが、本当のS/Nは64-0913と言われている。本物の63-7433は嘉手納基地でBDR訓練に使用されたあと糸満でスクラップになったという。, 2020年9月8日の時点でファントムを運用したことのある全ての基地に機体が搬入されたことが確認されています。今後は浜松の広報館や教育基地である防府基地、奈良基地、司令部のある府中基地にも展示される可能性がありそうな気がしています。もちろんこれは私の個人的願望。実際のトコロ、ファントムは内翼と胴体下面が一体構造なので分解するのも運ぶのも再組立てするのも大変なのだそうな。だから敢えて手間をかけてまで展示をすることはナイだろうという見解もあります。静浜基地は数年前にF-86D, F-104J, T-1Bを廃棄したばかりなので、新たな機体の搬入は無いものと考えています。, なお保存機候補として初号機301号機、最終生産機440号機(世界的にも最終生産機なので国内だけでなく歴史的価値が高い)、昨年度末(2020年3月末)に機種転換した302飛行隊の白ファントム・黒ファントム、現役の黄ガエル・青ガエルの6機が挙げられます。これに対して展示可能な場所は岐阜基地(航空博物館を含む)、浜松広報館、防府基地、奈良基地、府中基地、石川県立航空プラザの6か所。入間基地も整備すれば広報展示機エリアに持ってこれるかな。なんとか候補の全機を残すことはできそうですね。, でも昨年度末に退役したRF-4Eの展示は無理そうですね・・・。なんとか百里基地の906号機以外にもう一機残したいところ。せめてインテイク前の機首部分だけでも、なんとか・・・。, 春日基地に所在する西部防空管制群では2020年10月2日に記念碑完成除幕を行った。この記念碑は「F-4戦闘機の退役にあたり、西の空の守りを担い一時代を共に歩んだ戦闘機部隊と春日防空司令所の歴史を繋ぎ、飛行の安全を堅く誓う象徴として、機体の一部が付設された記念碑」とのこと(公式ツイッターより転載)。なおこれ以前に百里基地裏手に置かれていた用廃機57-8353号機の垂直尾翼左側、部隊マーク付近の外板が切り取られ、中の構造材が露出していることがマニアによって確認されていることから、これが記念碑に使われた可能性がある。(2020年10月6日記), Unikunさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog また在日米軍基地内にはf-4c(米空軍機)、f-4s(米海軍機)が存在します。 3. google_color_text = "66FFCC"; (笑)・・・のはずです。 あとF-4他用のドラッグシュートも今回の新製品なんで一つよろしくでス. google_ad_channel =""; rf-4ejは、f-15導入で余ったf-4に機外偵察用ポッドを搭載できるように改良した機体 塗装のほうもグレーから偵察機らしい迷彩柄となりました。 元々運用していたrf‐4eは無武装でしたが、rf-4ejはgunとsrmの運用能力が残ってました <rf-4ej> f-4ejを改修して偵察ポッドを運用できるようにしたrf-4ejは試改修機1機(のちに量産改修型へ改修)、限定改修型7機、量産改修機7機が存在した。2020年3月9日に最後のフライトを行い全機引退した。2020年9月8日の時点では国内に2機展示されている。 、1971年3月からイラン革命直前の1979年までに177機が引き渡された[注 28][22]。, ただし現場要員達の質は低かった。当時カリフォルニア州ジョージ空軍基地での訓練の際、イラン空軍と航空自衛隊パイロットや整備員たちが机を並べたが、空自パイロットの一人は「たとえ一時限の講義を理解するのにも大きな隔たりがあった」との感想を述べている。そんな彼らでも大部隊を編成・維持できたのは、アメリカの航空機産業を丸抱えできるほどのオイルマネーの恩恵だった。F-4に限らず、1960年代から1970年代のパーレビー王朝時代は、F-5を皮切りにF-14など多種の軍用機を輸入・導入契約を行っている。結果、イラン革命直前には225機のF-4を保有するに至り、286機を受領したイスラエルに次ぐ大規模保有国となった。, しかしながら、1979年2月28日に発生した反アメリカ派のルーホッラー・ホメイニー率いるイラン革命の際、親国王派が中枢を占めたイラン空軍では親国王派パイロットたちが政治犯として次々と投獄された。F-4もアメリカの武器輸出禁止の影響を受けて、発注済み機体の引渡し拒否や支援等が一切受けられなくなった為、稼働率が著しく低下した。それでも新政権がオイルマネーで潤っている間は、闇市場などからの部品調達で何とか飛ばせる機体を維持していた。, 1980年9月のイラン・イラク戦争では、人員不足を補うために投獄されていたパイロットたちを釈放し戦闘に参加させたものの、その多くが失われた。F-4の稼働率も約40%とされ[13]、戦闘終結時点で飛行可能な機体は約10機であった[13]。戦後のオイルマネー枯渇で補給が途絶し、稼働率は更なる低下とパイロット喪失によりF-4を満足に扱える人員は少なかったと言われる。, 一方で、依然として闇ルート(いわゆる「イラン・ゲート」)による部品輸入が行われているとも、国内企業及び友好国である中華人民共和国の軍需企業の協力により中国製兵器を用いた「近代化」を施されていると言われるなど近況は不明である[注 29]。, イラン・コントラ事件でアメリカは「ニカラグアの反政府組織コントラ支援の資金調達目的」で、20機前後のF-4Eをパラグアイ経由で輸出、その後アメリカ国内で政治的問題となった。, 2014年12月、アメリカの有志連合が行っているISILへの空爆とは別に、イランが独自でISILへF-4による空爆を行っていることが確認されている[23]。, 1974年に「ピース・ダイアモンドIII」計画の一環として、40機の新造F-4Eの配備を開始した[24]。1977年にはF-4E 32機とRF-4E 8機を追加発注し、1981年6月と1984年にアメリカ空軍のF-4Eを15機ずつの計30機を受領している[24]。1987年からは「ピース・ダイアモンドIV」が開始され、アメリカ空軍で余剰となった40機のF-4Eを受領した[24]。さらに1991年3月には湾岸戦争支援の見返りに、やはりアメリカ空軍の余剰F-4E 40機の受け渡しが行われた[24]。長期に渡るアメリカ空軍機受領によって、前縁スラット装備機・非装備機の両種を保有する。, 偵察型については1992年から1994年にかけ、ドイツ空軍で退役した32機のRF-4Eを受領する[24]。, トルコ空軍はF-4Eを182機、RF-4Eを55機受領、総受領数は237機となる[24]。現在も合計200機近いF-4を保有し、各国でF-4が数を減らしている事から現時点ではトルコが最大のF-4保有国となっている。予算等の問題からトーネードIDSなどの新型機導入が難しいため、トルコ空軍ではF-4を2020年頃まで運用する予定である[22]。これに対応した機体の延命・改修により54機のF-4が「F-4E 2020」となった。, 1971年にアメリカ空軍の中古のF-4Cを譲り受け導入する。当時、アメリカ空軍の第一線を退き始めていたとはいっても、高級機でもあったF-4C供与が決定したのは、スペイン国内の基地提供の見返りという思惑が絡んでいた。当時のスペイン空軍はF-104G (C.8/CE.8)やミラージュIIIEE/DE (C.11/CE.11)を保有してはいたが、前者は21機、後者は30機と少なく数の上で主力機は旧式機F-86 (C.5)だった。, 最初にスペイン空軍に引き渡された36機のF-4Cは、イギリスのベントウォーターズ空軍基地(英語版)に駐留する第81戦術戦闘航空団(英語版)で運用されていた機体で、同航空団のF-4Dへの機種転換での余剰機であった。その後1978年に損耗補充としてF-4C4機と、同じエンジン搭載のRF-4C4機ずつ追加導入した。その後1989年に8機、1995年に6機のRF-4Cを追加供与を受け、合計40機のF-4Cと18機のRF-4Cを受領した。スペイン空軍内部においては、F-4CはC.12、RF-4CはCR.12と呼ばれ区別された。, F-4Cは1989年にF/A-18と入れ替わり退役した。RF-4Cは1990年中期に、レーダーのAN/APQ-172への換装、リング・レーザー・ジャイロ式慣性航法装置、AN/ALR-44レーダー警報受信機、ハヴ・クイック無線機の装備、機体背部へのイスラエル製空中給油プローブの装備などの近代化改修を施され、2002年まで運用されている[14]。, トレホン空軍基地:第12航空団(スペイン語版、英語版) - 第121飛行隊(C.12/F-4C)- 第122飛行隊(C.12/F-4C)- 第123飛行隊(CR.12/RF-4C), 当時のイギリスの国防政策による予算削減のため国産次期主力機の候補だったホーカー・シドレー P.1154やBAC TSR-2をキャンセルし、イギリス海軍は1962年2月にデ・ハヴィランド シーヴィクセンの後継となる次期艦上戦闘機にF-4を選定した。当初は正式にどのタイプを導入するかは決定していなかったが、選定から3ヶ月後にF-4Bの改良型、F-4Jの開発が始またことを受け、J型をイギリス向けに改修、エンジンはイギリス国産のロールス・ロイスRB168-25RスペイMk.203(アフターバーナー時推力91.26kN)ターボファンエンジン搭載の「F-4K」を導入することとなった。, 試作機は1966年6月に初飛行して、レーダーをAN/AWG-11に換装した量産型の製造に入り、ファントム FG.1の名称でイギリス海軍に導入された。イギリス空軍も、エンジンを同様のRB168-25RスペイMk.202とし、レーダーをAN/AWG-12に換装した「F-4M」の試作初号機が1967年2月に初飛行し、ホーカー ハンターやイングリッシュ・エレクトリック キャンベラの後継としてファントム FGR.2の名称で導入した。その後、ファントム FG.1は、1979年12月までにイギリス空軍に移管され、1984年3月には、アメリカ海軍の中古のF-4Jを導入し、F-4J(UK)としている[注 30]。, 原型機からの最大の変更点は、当時の最新技術ターボファンエンジンを採用したことである。エンジン以外にも原型に比べ変更点が多く、非公式に『ブリティッシュ・ファントム』と呼ばれることもある。1992年のF-4Mの引退により正式に全機退役した。, 1968年にRF-104Gの後継戦術偵察機として、RF-4CをF-4E規格に合わせたRF-4Eを88機発注した[25] F-4 ファントムII(McDonnel F-4 Phantom II)は、アメリカ合衆国のマクドネル・エアクラフト社(その後マクドネル・ダグラス社を経て、現在のボーイング社)が開発した艦上戦闘機である。アメリカ海軍をはじめ、多くの国の軍隊で採用された。愛称はファントムII(Phantom II)。 google_ad_format = "468x60_as"; 百里基地第501飛行隊に配備され、偵察任務のほか、災害発生時には被災地の空を飛び状況を撮影、迅速な状況把握と被災者の救助の一助となる。 B,

Leave a Reply