新古今和歌集 恋歌 訳 17

『新古今和歌集』(しんこきんわかしゅう)は、鎌倉時代初期に編纂された勅撰和歌集。全二十巻。いわゆる八代集の最後を飾る。略称は『新古今集』(しんこきんしゅう)。, 平安時代末期、宮中歌壇では和歌を業とする家として六条家と御子左家が対立していたが、安元3年(1177年)に六条家の代表というべき藤原清輔が死去すると、御子左家の当主たる藤原俊成が歌人として重んじられるようになり、第七番目の勅撰和歌集『千載和歌集』を撰進するにいたった。さらに後鳥羽院が即位すると、俊成は宮中の主要な和歌の行事に息子の藤原定家を参加させるなど、御子左家の勢力拡大に努めた。『新古今和歌集』の編纂が始まったのは、和歌に格別の関心を寄せる後鳥羽院が譲位し、宮中歌壇における御子左家の地位がおおむね固まった時期であった。, 『新古今和歌集』は、後鳥羽院の命によって編纂された勅撰和歌集である。勅撰集を編纂するための部局「和歌所」が後鳥羽院の御所に置かれ、後鳥羽院自身も歌を親撰するなど深く関わった。院歌壇の歌人のほとんどが編纂に関わり、何十年にもわたって改訂が続いたという八代集の中でも稀有な存在である。, 編纂の方針は「先ず万葉集の中を抽き、更に七代集の外を拾ふ」(真名序)、すなわち『万葉集』とそれまでの勅撰和歌集に採られなかった和歌より撰ぶとした。撰者は『古今和歌集』や『後撰和歌集』にならい複数人とし、 源通具・六条有家・藤原定家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮の6人が後鳥羽院の院宣により定められた。ただし寂蓮は撰集のための和歌を集めている時点で没しており、実際の撰集作業は寂蓮以外の5人の撰者で行われた。, 建仁元年(1201年)7月、和歌所を設置、その際11名の寄人と源家長が開闔に任命される。同年11月には寄人の中から上記の通具以下6名を撰者とする旨の院宣が下り、建仁3年の4月ごろまでに撰者たちが撰集の材料とすべき和歌を上進している。それらの和歌に後鳥羽院が目を通して撰び、それを清書して集に採るべきものとした。元久元年(1204年)にはいよいよ歌集としての体裁を整える編集作業に移り、翌年3月26日に完成としてそれを記念する宴である竟宴が後鳥羽院の御所で催された。しかし、このとき仮名序はまだ用意できておらず、定家は勅撰和歌集の完成を理由に竟宴を催すのは例のないことと批判している。その後も建保4年(1216年)12月まで「切り継ぎ」(改訂)の作業が続いた。『新古今和歌集』の成立過程の時期をまとめるとおよそ以下のようになる。, 全20巻で以下の通り(『新日本古典文学大系』所収本による)。『古今和歌集』にならい、「真名序」と「仮名序」の2つの序文がある。, 伝本によっては仮名序を冒頭に置き、真名序を巻末に置くものもある。真名序は藤原親経、仮名序は藤原良経の執筆による。歌数は八代集中最多の1,970首あまり(伝本によって歌数に相違がある)、歌はすべて短歌である。配列は巧みで、四季の巻は季節の推移順、恋歌は恋の進行程度順に並べられており、古代の歌人と当時の歌人の作を交互に置いてある。, 入集した歌人のうちでは西行の作が94首ともっとも多く、以下慈円、藤原良経、藤原俊成、式子内親王(女流最多)、藤原定家、家隆、寂蓮、後鳥羽院の順である。万葉歌人の作も多少含まれている。, 「新古今調」といえば、唯美的・情調的・幻想的・絵画的・韻律的・象徴的・技巧的などの特徴が挙げられる。定家の父・俊成によって提唱された幽玄、有心の概念を、定家が発展させて「余情妖艶の体」を築き上げ、これが撰歌に大きく反映されている。また、鎌倉幕府成立以降、政治の実権を奪われた貴族社会の衰退の中で、滅びや自然への見方に哀調があると指摘される。また、このころは題詠が盛んに行われていたことにより、より華やかな技巧にあふれている。題詠によって現実的な心情変化の歌ではなく、定められたお題の中でより複雑に工夫された象徴的な歌が主流になっていった。特に、上代以来の数々の和歌の歴史が可能にした数多くの本歌取りに特徴がある。また技法として、余韻・余情をかきたてる体言止め、七五調の初句切れ・三句切れなどが使われている。, 『古今和歌集』を範としてそれまでの七代集を集大成する目的で編まれ、新興文学である連歌・今様に侵蝕されつつあった短歌の世界を典雅な空間に復帰させようとした歌集であり、古今以来の伝統を引き継ぎ、かつ独自の美世界を現出した。「万葉」「古今」と並んで三大歌風の一である「新古今調」を作り、和歌のみならず後世の連歌・俳諧・謡曲に大きな影響を残した。, しかし近代以降、『新古今和歌集』を含めた勅撰和歌集への評価は一変する。アララギ派の祖である正岡子規が『歌よみに与ふる書』のなかで『古今和歌集』を「くだらぬ集」と激しく罵倒し、『新古今和歌集』についてもその歌が「(『古今和歌集』よりも)ややすぐれたりと相見え候。古今よりも善き歌を見かけ申候」というものの、その「善き歌」も「指折りて数へるほどの事」と断ずる。また「代々の勅撰集の如き者が日本文学の城壁ならば、実に頼み少き城壁にて、かくの如き薄っぺらな城壁は、大砲一発にて滅茶苦茶に砕け申候」とも述べている。要するにそれまで重要視された勅撰和歌集をおおむね価値の低いものとして退けたのであり、『新古今和歌集』もその中に入っていたのである。, しかしこうしたアララギ派の評価に対して、『新古今和歌集』を高く評価したのが北原白秋であった。白秋はその和歌について「日本短歌最上の象徴芸術」であり「日本詩歌の本流」と賛美している。白秋はアララギ派が唱えるいわゆる短歌における「写生論」に対し、「写意写生以上の香気ある象徴の世界」を求めて短歌を詠もうとしていたのであり、その手がかりとしたのが『新古今和歌集』の和歌だったのである。以後の短歌においても前登志夫や塚本邦雄などがそれぞれ『新古今和歌集』から影響を受けている。, 『新古今和歌集』の伝本については、その成立において長い期間にわたり改訂が施され、その途中の手控え本というべきものも書写されたことにより複数の系統がある。現在一般には、以下のように4つに分かれるとされている。, 現在伝わっている伝本のほとんどは第二類本であり、現行で一般に読まれている本文もこれにあたる。ほかには第四類の上巻(巻第一から巻第十まで)が冷泉家時雨亭文庫に伝わる。このほかの系統の伝本については、第二類の伝本にある本文の校異によって内容が知られるのみで現存しない。第二類のおもな伝本としては以下のものがある。, 4. 日本で最初の勅撰和歌集である、古今和歌集(こきんわかしゅう)。 ・夏 古今和歌集と新古今和歌集と同時代のその他の和歌・短歌の一覧ページです。古今和歌集の仮名序や六歌仙、幽玄の例などを含め代表的な作品の解説です。 さしずめ私は頼りなく漂う一艘の船。ゆらゆらと行方も分からずただ彷徨うだけ。 そして全体の4割は作者不明の”読人知らず”で、450首となっています。, 古今集には、漢文で書かれた真名序と、仮名文で書かれた仮名序が添えられています。 穏やかな風の中に佇む一人の男。, その胸の中は、理性の効かぬ思いで乱れていた。 歴々の勅撰和歌集に横たわる美学、それが時間的推移による配列です。勅撰集の二大テーマのひとつ四季歌はもちろん、一方の恋歌も時間的推移つまり「恋のプロセス」によって歌は整然と並べられているのです。 百人一首全首一覧と意味、解説。人気和歌ランキングベスト20も! 愛しい人といると、あっという間に夜が過ぎてしまう, 紅の色のように 花の散ることがつらくてたまらないのか、春霞が立っている龍田の山の鶯の鳴き声は。, 二十一代集…古今和歌集から新続古今和歌集までの二十一の勅撰和歌集の事。新古今集までの八代集と、新続古今集までの十三代集に分けられる事が多い。. 新古今和歌集, 9. 打ち明けられない恋とは、かくも辛いものだとは知らなかった。, あの大海に包まれれば、少しは気が休まるかもしれない。 現代語訳と意味. 恋に落ちた男はただ無力だ。, 物思いの日は続く。 不思議にこれほど愛おしく思う女に、私は逢ったことがない。, 噂に聞くばかりだが、この思いは菊に置く白露のように、 会不会恋:禁断の逢瀬の代償は高く後悔の涙に暮れゆく無残な人生。, いかがでしょう、一編の小説たとえば「源氏物語」などを彷彿させる構成だとは思いませんか? 今回は恋歌の時間的推移を実感いただくために、古今集の恋歌をショートストーリーに仕立ててみました。その名も 「恋歌残酷物語」。, 勅撰集の恋歌、それはすれ違い続ける男女の残酷な物語! 宮廷に花咲く雅な恋物語、なんてちゃちなもんではありません。このショートストーリーを読めば平安歌人のシリアスな恋愛観、勅撰集の美学たる時間的推移なにより恋歌の全貌がわかります。, ということで「恋歌残酷物語」、さっそく覗いてみましょう。※5分で読める! 数を書いてみよう。 ・離別 例)帰蝶、織田信長, 本サイトはリンク報告不要です。 中でも四季の歌が342首、恋の歌が360首と、この2つが古今集の中心となっています。, 撰者の紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑の四名で全体の2割を占めています(合計244首)。 撰者は紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑の四名です。, 古今集は全20巻からなっており、総歌数は1111首。 あなたが恋しくてたまらず、なら山の松の木の下に立って嘆き続けました。, 万葉集 新続古今和歌集, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=新古今和歌集&oldid=80270363, 建仁元年(1201年)の下命時から、撰者たちが歌を集めてくるまでの時期。代々の勅撰集に漏れた秀歌や、『, 歌の部類、配列をした時期。撰者以外の寄人も作業に加わる。元久元年までにいったん完成し、奏覧された。, 第一類 - 元久2年3月にいったん完成したとして奏覧されたもの。「竟宴本」と呼ばれる。, 第二類 - 「竟宴本」をさらに「切り継ぎ」し、和歌を取捨する途中作業の本文を伝えるもの。, 第四類 - 後鳥羽院が撰んだ「隠岐本」。仮名序の次に撰集し直した事情を語る後鳥羽院の序文(「隠岐本識語」)がある。. 【意味】 ほととぎすが鳴き、あやめが咲く5月。 続古今和歌集  - 12. 新後拾遺和歌集  - 21. 【意味】 新拾遺和歌集  - 20. 新後撰和歌集  - 14. 【意味】 他の男の婚約者だからとて、恋してはならない道理があるか? 【意味】 相手構わず恋をしていた頃が嘘のようだ。 ある女への思い。それはまことに純粋な慕情であった。, 恋とはこういうものなのだな。 万葉集とは?歴史と有名な和歌一覧も! 春日野の若菜を摘みに行くのか、白妙の袖を振りながら人々はわざわざ出かけて行くようだ。, 【意味】 夜は起きて眠ることができず、昼は苦しくて消えてしまいそうだ。, 私は花見に出かけた。 Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. 新古今和歌集の内容と解説、和歌一覧 ・釈教, 哀傷の巻は死別、離別の巻は相手が生きている別れを題材にした歌となっております。おそらく、宮中では「死」を穢れとみなすため、あえてぼかした表現にしたのでしょう。, また、神祇の巻はお参りや神事など、釈教の巻は仏教の教えや価値観を表した歌がまとまっています。, 歴史上で見る後鳥羽上皇はやはり「承久の乱に敗れて流された」というイメージが強いですが、同時にいろいろな芸術に秀でていた方でした。, 例えば、選者を任命した翌年、選者の一人だった寂蓮法師が入寂してしまったのですが、代任をせず残りの五人で編纂を続けさせました。, 数合わせでテキトーな人選をするより、そちらのほうが良い歌集にできると考えたのでしょう。, その情熱は、承久の乱に敗れて隠岐へ流された後も続き、後鳥羽上皇は新古今和歌集をさらに磨き上げるため、数を絞って「これこそ真の勅撰和歌集だ」と言っていました。, 現在「新古今和歌集」として伝わっているのは、後鳥羽上皇が三回目の編纂をした時期のものです。, 編纂の時期を一~五段階に分けているのですが、現代で底本とされているのは二番目の時期のもので「二類本」と呼ばれています。, 隠岐で作られたものは「隠岐本」として区別されていますし、上皇の編纂前のものなども別バージョンとしているので、収録数を”約”二千首と表現しているんですね。, この歌集の撰進が始まる直前、「御子左家(みこひだりけ・藤原北家の系統)」のライバルだった「六条家」の代表的歌人が亡くなっており、定家にとっては実力を証明する絶好の舞台でもありました。, 新古今和歌集とよく対比される歌集として「万葉集(7C後半-8C後半)」と「古今和歌集(905-914年)」があります。, 万葉集の時代は、まだ和歌の“お約束”が定まっておらず、高貴な人も下々の者も、自由に心情や風景を詠んでいたといえます。, 一方、古今和歌集は、万葉集の時代と比べて社会が発達してきていることもあってか、ウィットに富んだ歌が増えました。, そういった流れを意識すると、新古今和歌集はこの三つの中で最も新しい時代になるので、さらに和歌の技術が上がっている……ということが、なんとなく飲み込めるかと思います。, 過去の有名な歌の一部をもじって新しい歌にするというもので、新古今和歌集ができる前からありました。現代でいえば、過去の名曲をカバー・アレンジしたり、洋楽を日本人シンガーが歌うようなものでしょうか。, 和歌において「本歌取りが上手い」ということは、教養の高さと自身の技術の高さを示すことになります。, そして、新古今和歌集の時代には、単なるパロディではなく「これ、もしかしてあの歌の本歌取りなんじゃ?」というように、パッと見ではわからないほど技巧を凝らした歌が増えました。, 勅撰和歌集は「以前の歌集に載ってない歌から選ぶ」という原則はあるにしろ、歌人自体はそう変わりません。, ぶっちゃけた話、編纂時期の「流行が現われているだけ」と考えても間違いではないかと。, しかし明治時代に正岡子規が「万葉集が最高! 古今も新古今もイラネwww」(超訳)という態度をとったため、, 「やまとうたは、むかしあめつちひらけはじめて、人のしわざいまださだまらざりし時、葦原中国のことのはとして、稲田姫素鵞のさとよりぞつたはれりける」, 【意訳】和歌は、昔々日本の国土ができたばかりで人々の暮らしも定まっていない頃、この国の文学として、スサノオノミコトとクシナダヒメの住んでいた土地から伝わったとされている, この部分を書いたのは藤原(九条)良経とされていますが、教科書っぽいというか、古文や歴史の授業っぽい感じが漂います。, タイトルが似ているので忘れがちですが、古今集から新古今集までは300年ぐらい経っていますし、いろいろと変わるのは当たり前です。, 乱暴に例えると、芥川賞や直木賞の受賞作品と、南総里見八犬伝(1814年刊行開始)を比較するようなものですから。, さて、どちらかというと古文の範疇ですが、新古今和歌集といえば「三夕の歌」も外せません。, 【意訳】未熟な精神の私でも、鴫が川から旅立つような秋の夕暮れには、もののあはれを感じるよ, ・見渡せば 花も紅葉(もみじ)も なかりけり 浦の苫屋(とまや)の 秋の夕暮 (藤原定家), 【意訳】この浦の粗末な我が家には花も紅葉もないが、秋の夕暮れは変わらずに訪れているよ, 元々和歌には恋・春と並んで秋を詠んだものが非常に多いのですが、その中でも秋の夕暮は重んじられており、この三首が名歌とされました。, もうちょっと文法的なことをいうと、この三首が新古今和歌集でよく用いられている手法を複数使っているため、代表格とされたのです。, 一つは「体言止め」。 私は貴方を待って、あしひきの(枕詞)山の雫に濡れてしまいました。, 万葉集 金葉和歌集  - 6. 山には霞が立ち、せっかくの桜を見せまいと隠している。 考えない様にすればするほど、それは更に強くなる。, 10日、20日、30日、、、ゆうに100日は経っただろか? 年老いた私がこんなに深く貴方に恋して、まるで幼児のように恋にうつつをぬかしています。, 万葉集 古今和歌集(こきんわかしゅう)とはどういうものか、その内容と歌の意味・現代語訳を解説。古今集(こきんしゅう)の歴史や成り立ちについてご紹介します。 真名序が紀淑望、仮名序が紀貫之の執筆であると言われています。, 特に仮名序は、仮名文で書かれたものとしては日本で最初の文学論となっており、歌学・歌論史的にも重要な位置を占めています。, 【意味】 鳥達の声が聞こえぬあの奥山のように、この深い深いあなたへの思いを。, 秋の夜長などと言うが、それは名前のみであったようだ ・羇旅(きりょ) 【意味】 それもそうだろう、彼の人の婚約者なのだから。, しかし世の中には、頭で理解してもどうしようもないことがある。 後拾遺和歌集  - 5. このまま私は恋しいあなたを待ちましょう。 【意味】 【意味】 桜の花が散っていった風の名残には、水のない空に花びらの余波がたっていることだ。, 【意味】 まあいい。私の目的はこちらの花ではない。, 霞の向こうにぼんやりと女たちの姿が見える。 あれは私を手引きした女房か。 風雅和歌集  - 18. 月夜には白い光にまぎれて、梅の花はそれと見分けがつかない。香りを探し求めていって、その在り処を知ることが出来るのだ。, 【意味】 【意味】 こんなに貴方を恋い慕っている苦しさに耐えているより、高い山の岩のもとで死んだほうが良いくらいです。, 万葉集 【意味】 続後拾遺和歌集  - 17. 式子内親王(しきしないしんのう)、鎌倉時代の女性の代表的な歌人の有名な恋愛の和歌にはどんなものがあるでしょうか。, いちばん有名なのは「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする」ですが、それ以外の式子内親王の恋愛の代表作の和歌を現代語訳と共に提示します。. 最後まで添い遂げることができないのだったら、かえって恋をしないで黙っていればよかった。. 【意味】 春雨の降るのは涙なのか、桜の花が散るのを惜しまない人は、誰一人としていないのだから。, 【意味】 続千載和歌集  - 16. 花の色よりも香の方が素晴らしいと思われる、いったい誰の袖が触れて、その移り香の薫るこの家の梅なのだろうか。, 【意味】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 式子内親王(しきしないしんのう・しょくしないしんのう)は、鎌倉時代の代表的な女流歌人です。, 内親王は後白河法皇の娘で11年間、賀茂斎院として、神に仕える生活を送られ、その後も生涯独身を通されました。, 二十歳あまり年下の甥の惟明親王とも贈答の歌がたくさんありますが、藤原俊成、藤原定家と親しく、特に定家とは架空の恋物語まで作られていますが、その関係はよくはわかっていません。, ただ、内親王の歌が恋歌にたけていたことは事実で、孤独な生活からくる憂愁の調べがそれらの歌には漂っています。, 恋愛の歌とはいっても、従来の相聞、相手に呼びかける歌というものではなく、「忍ぶ恋」を歌ったというのが式子内親王の歌の特徴です。, つまり、秘めた恋心を自分自身につぶやいて言えるような、そのような主題の恋歌なのです。, 心の中に激しいもの、憑かれたような思いを表白する歌が多く見られます。けっして、明るい楽しい恋愛の歌ではありません。, わたしの命よ。絶えてしまうというなら絶えてしまっておくれ。生きつづけていたならば、恋心を秘めている力が弱って、秘めきれなくなるかもしれないので, 私のしのぶ思いをあの方には告げないで、私一人の胸にしまったまま過ぎてきたこの月日であるものを, 恋しい相手がいるのに、その気持ちを告げない。「過ぐる月日を」に、この思いや関係が長いことが推察されます。, その昔、賀茂斎院の神館に旅寝をしていた頃、ホトトギスがかすかに鳴き出でたあの空が忘れられません, 「ほのかたらいし」というのは、ホトトギスの声のことを言っていますが、もちろんホトトギスと「語ら」ったわけではなく、ホトトギスの声に、恋人と語り合った時のことを二重写しにしているのです。, 実際には、神館において、男女が語り合うななどということは、ありえない情景なのですが、「ほのかたらいし」「ほの」の接頭語によって、夢か現かわからない、かすかな幻という含みがあります。, あなたを思う恋の苦しさのために、よもや明日まで生きていられる身ではありますまいし、そうと知ったらあなたも私に今までのようにつれなくはなさらないでしょう。今あるこの夕暮れに、訪ねる心があるなら訪ねてください。, 「生きてよも明日まで人もつらからじ」は、「生きてよも明日まで」は、作者が主語、「よも」は「よもやの意味です。, 「とわばとえかし」の「とわば」は「問いたい気持ちがあるのなら」、ですが、「今更期待していない」という気持ちを表します。, 式子内親王の作品は、いずれも相手が誰かも含めて謎の多いものなのですが、強い思慕の念が特徴的です。, 以上、式子内親王の、百人一首と新古今和歌集の歌でもっとも有名なものをご紹介しました。, 斎藤茂吉の短歌を一首ずつ解説、短歌全般、現代短歌など優れた作品を広く紹介していきます。ツイッターは@marutanka 「日めくり短歌」をツイート。ブログの説明は自己紹介、連絡先はこちらをご覧ください。.

エクラ 今日 の おかず, イラレ 線 均等 配置, ピクニック おつまみ おやつ, グラクロ 使わ ない 装備, Pdf 1ページだけ保存 Adobe Acrobat Reader Dc, 博多 新大阪 新幹線 料金 往復, Googleフォト ファイル名 変更 Pc, Ae 楕円形ツール どこ, 格安航空券 高松 沖縄, 面接 プレゼン テンプレート, ワード 最背面へ移動 できない, すみすみ フェスティバル 8, 英語 レポート 参考文献, 関西実業団陸上 2020 速報, 車 寝る 姿勢, C言語 文字列 検索 位置, アルファード スライドドア 途中で 戻る, 茅ヶ崎 誕生日 至, 英語 タッチペン ドラえもん, ビックカメラ ローン 落ちた, イラレ ガイド 消える, New Crown リスニングcd 2, ドイツ 時差 サマータイム, 池袋 ウチョウテン 行列, Php 改行 文字列, 在宅 足浴 寝たきり, 高校 保健 単元,

Leave a Reply