情報系 研究テーマ 高校 4

of Information and Communications Engineering, Tokyo Institute of Technology, センシングに基づく無線通信品質予測や機械学習処理する無線ネットワークなど、異分野融合による新たな技術領域の創造を目指し研究しています。, コンピュータシステムの改良(セキュリティ、電力効率、信頼性の向上など)を目的として、計算機アーキテクチャを中心にシステムソフトウェアからアプリケーションまで広く視野に入れた研究に取り組んでいます。, 科学技術創成研究院に2019年度から設置された「AIコンピューティング」研究ユニットで、深層ニューラルネットなどの新しい知能情報処理群を支える計算機アーキテクチャ・ハードウェアの研究を推進します。, これからの大規模AI・IoTシステム構築に不可欠なハードウェア・ソフトウェア設計自動化を統一的SW記述フレームワークで実現しています。, 人間とコンピュータ、現実と仮想、現在と過去。本来ならば共存しないはずのものを、人間を大幅に超える高速な視覚によってつなぎ、新しい実世界をデザインできる可能性にチャレンジします。, 私たち人間は、例えば何か物を見るとすぐにその質感を捉えることができます。このような脳の優れた視覚情報処理過程を明らかにするとともに、その特性に合致した視覚情報の処理技術や呈示技術の開発を目指します。, 会話も音楽もスポーツも、本人が自覚していない脳の情報処理が重要な役割を果たしています。そのような脳のメカニズムを、様々な研究手法を駆使して解明しています。, 音波や光を用いた計測技術に関する研究を行っており、特に、医療分野、ヘルスケア、農業分野への応用を目指しています。, 100Gb/sを超える高速ビットレートかつ高信頼の無線通信を実現するため、統計的信号処理を駆使した変復調技術及びネットワーク技術を研究。, バーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース、ロボット学により、人と環境の新しいインタラクションを創造することで、人が楽しく活躍できる場を作ることをめざしています。, 人間と調和する機械を実現するために、感性情報と深く結びつく嗅覚のヒューマンインタフェースを嗅覚センサや嗅覚ディスプレイの開発を通じて実現します。, 学習やコミュニケーションにおける人の要因を明らかにし、効果的な支援システムの開発を目指します。, 社会や医療で実際に利用される様々なシステムを研究開発しています。我々の開発した技術は、個人番号カードに搭載されている公的個人認証サービスや医療分野で利用されているネットワークなどに生かされています。, 統計的手法や機械学習に基づいた新たな音声合成手法の開発を中心に、人間に優しい気の利いた音声言語インターフェイスの実現をめざしています。, 人は手足が自由に動かせるようになり、道具を使いはじめ、言葉を喋るようになる。このような人間の脳の機能を知り、コンピューターを使ってその機能を再現することを目標にしている。, ユークリッドの時代から現代まで信号処理・最適化・逆問題分野は、非自明な数理の大胆な応用によって発展してきました。本研究室は近未来のブレークスルーの主役となるべく普遍的価値の創造に大胆に挑戦しています。, 色を光のスペクトルや多原色として取り扱う新しいカラー画像システム、あたかも実物が目の前にあるかのように立体像を表示するホログラフィー技術、さらにカラー画像の医療応用を進める研究を行っています。, インターネットやNGNなどの電話網をはじめとする、未来高度情報社会の基盤となる情報通信ネットワークを対象として、将来を見据えたネットワーク制御技術を、理論と実装の両面から研究しています。, 自然界の信号はアナログです。このためアナログ回路は極めて重要です。我々はアナログ回路技術の開発により社会に貢献します。, 家電製品・自動車・携帯電話などの様々な組込みシステムの高効率・高信頼自動設計技術をハードウェア・ソフトウェアの両面から幅広く研究しています。, 人と機械のインタラクションを分かりやすく効率良く実現する方法を、科学、工学、心理学の学際的な立場から研究している。課題は、画像認識、触覚ディスプレイ、学習、自動運転、生産自動化、リモートセンシング等。, 視覚系を中心とした人間の知覚認知過程、特に空間認識のためのメカニズムの解明を目指している。, ことばを計算機で処理する技術「自然言語処理」に関する研究を行っています。特にテキストの意味理解、意見感情分析、ソーシャルメディア解析などを中心に、機械学習を積極的に利用して研究を進めています。, 用途に応じて構成を変えることができる柔軟(ソフト)なハードウェアである再構成可能(リコンフィギャラブル)LSIを使って次世代のコンピュータを実現するための研究を行っています。, ネット社会をより快適にするために、暗号方式、メッセージや通信相手の認証、プライバシーを守りつつ有用な情報を計算する秘密計算などの暗号技術を、どう組み合わせれば安全性が保てるのか、理論的に解明します。, 情報理論は情報通信システムを数学を用いて表しその究極の性能を解明します。我々は、データ圧縮・乱数生成・誤り訂正・情報セキュリティ・ネットワークなど情報理論で扱われる様々な問題に数学を道具として取り組んでいます。, 興味のある研究キーワードにチェックを入れて、関連する研究室を絞り込むことができます。, フリーワード検索を使用した後に研究キーワードから絞り込みを行うと、フリーワード検索の結果は一度リセットされますのでご注意ください。. 電気科、電子情報科の各学年において予定されていた下記の資格試験について、中止が決定したのでお知らせします。詳細については、各試験のホームページを参照してください。, ・令和2年度 第1回(学科) 2級電気通信工事施工管理(6月7日)・令和2年度 第1回(学科) 2級電気工事施工管理(6月14日), 電気情報システム系、電気科、電子情報科の各学年において予定されていた下記の資格試験について、中止が決定したのでお知らせします。詳細については、各試験のホームページを参照してください。 なお、中止となった各試験については、第2回(下期)以降での受験を予定していますが、他の試験や学校行事等も考慮した上で変更となることもありますので、登校再開後に連絡します。, ・令和2年度 第1回 工事担任者試験(5月24日)・令和2年度 第二種電気工事士 上期筆記試験(5月31日)・令和2年度 第1回 情報配線施工技能検定試験(6月6日), 電気情報システム系1年生の工業技術基礎において、「校内電気工事コンテスト」を実施(A組:9月13日(木)、B組:9月18日(木))しました。 4人一組でチームを組み、A組、B組とも10チームで競い合いました。競技は、材料選別(10分)、材料の調達(約20分)、そして単位作業(制限時間40分)の3つの分野で行いました。チームで一つの作品を作ったことから、お互いの技術や知識を高めあうことができ、とても有意義なコンテストとなりました。審査の結果、入賞チームは以下の通りでした。, 【A組】 優 勝:10班(柳田直輝・山田龍樹・山根有結・渡辺雅哉)準優勝:7班(田野井匠・鶴見裕恭・手塚太志・手塚結万)第3位:1班(阿久津悠太・飯田賢治・池田晴樹・岩本将輝)【B組】優 勝:5班(柴田睦生・清野遼・添田遊斗・髙橋直希)準優勝:10班(谷島健斗・谷田部空生・吉川和輝・吉澤良央)第3位:6班(田代椋一・戸叶一志・吉橋研斗・仲嶋承喜)      単位作業の様子(A組)  材料選別の様子(B組) 入賞チームの代表者(A組)入賞チームの代表者(B組), 8月4日(土)、「第18回 高校生ものづくりコンテスト電気工事部門栃木県大会」が本校の電気工事実習室を会場に開催されました。参加校8校、計15名が参加し、電気工事の施工技術を競い合いました。本校からは電気科3年 越谷拓海 君 、電気科2年 植木将太 君の2名が大会に参加しました。大会結果は、電気科3年 越谷拓海 君が準優勝となり、2年連続で関東大会に出場することが決まりました。これまで指導していただいた支援企業の㈱船見組 様に感謝申し上げます。, このブラウザは、JavaScript が無効になっています。JavaScriptを有効にして再度、お越しください。, 写真は3年生の授業の1つ、『課題研究』で過去の電子情報科の研究テーマ「小型オーディオアンプ開発」のものです。このオーディオアンプは、電子情報科の実習で学ぶオペアンプを利用して開発されました。授業の内容を活用して、ものづくりが出来るのが課題研究の醍醐味です。回路の設計や開発に、創造性を発揮して研究を行いました。今年の課題研究でも、皆さんの創造性を豊かに研究していきましょう。, 写真は3年生の授業の1つ『課題研究』で、過去の電気科の研究テーマ「圧電素子を用いた発電~無線を利用した施錠確認装置~」のものです。圧電素子の効率的な発電方法の研究や、無線を利用した施錠装置の開発が行われました。今年の課題研究の時間も、皆さんの創意工夫を発揮して素晴らしい研究の時間にしていきましょう。, 1月10日(金)、電子情報科3年生が、4月から約1年間にわたって取り組んできた課題研究の成果を報告する「課題研究発表会」を本校の大講義室で開催しました。テーマは、以下の6テーマです。いずれも電子情報科らしい研究内容であり、とても興味深いものでした。発表会には電子情報科2年生も参加し、先輩の発表を真剣な態度で聴きました。質疑も活発に行われ、とてもすばらしい発表会となりました。, 9月29日(土)に実施される3級情報配線施工技能検定試験(3級技能士)に向け、9月10日の放課後より、電子情報科2年生(情報ネットワークコース)の生徒を対象に、実技講習会を開始しました。今回の実技試験には、13名の生徒が臨みます。講師には、既に合格を果たしている3年生の先輩が務めてくれています。LANケーブルの製作をはじめ、光ファイバーのトレーへの収納技術などを習得し、全員の合格を目指します。, 電子情報科3年生では、「電子コース」と「情報ネットワークコース」に分かれて、以下のテーマの実習を行っています。レポートの提出は大変ですが、どの実習テーマについても意欲的に取り組んでいます。. 私の母校・県立双葉高校は、福島原発から約3キロの場所にあります。東日本大震災から3年、双葉高校を巣立った同窓生たちは、その間に何を考え、どう生きてきたのか。その記録をドキュメンタリー映像に残すことが、私の研究テーマです。 より多くの人に商品やサービスを知ってもらうための広告が、なぜ見た人すべてに伝わるように作られていないのでしょうか。例えばテレビCMの「音声」です。聴覚に障がいをお持ちの方や聴き取りにくくなっている高齢者の方がいらっしゃいます。社会参加や高齢化という社会のトレンドを考えるときに「字幕」というものがきっかけになっていくという仮説を立てました。現状、字幕付きのテレビCMを製作している企業の事例から、変化に対応する広告の姿を明らかにしようと考えています。, 広告を専門に学べる環境に魅力を感じたから。高校生の時にオープンキャンパスに参加して、メディア専攻では広告を専門に学べると聞いて興味をもちました。当時からCMに興味があり、テレビの歴史や広告について知識を深めようと考えました。, グループで広告制作に取り組み、作品を完成させた。広告の実制作に取り組む「メディア企画演習(広告)」です。「献血」をテーマにグループでアイデアを出し合い、絵コンテの作成から撮影地やキャストの選定、撮影、編集までを約1カ月間で行いました。, 多彩な授業が興味の幅を広げてくれる。個性豊かな先生方の授業を通して、テレビCMに限らず、新聞やラジオ、音楽などに対する興味が広がりました。広告以外の知識を身に付けたことが、広告制作にも活きていることを実感しています。, 広告を作るためには、子どもから高齢者までさまざまな人が何を求めているかを考える必要があります。秋原さんはメディアや社会について幅広く学び、そこで得た知識や物事の見方を広告制作に活かしている点がいいですね。, 3年次のゼミでは、一本のドキュメンタリー番組を題材にグループで研究。番組がその後のドキュメンタリー界に与えた影響や、時代背景を調べて発表しました。卒業研究では、視聴者からの人気が高く評価を受けているバラエティ番組を分析し、その人気の秘訣を探りたいと考えています。過去の放送回にテーマ分析や会話分析を加え、制作者の意図を探るなかで、「笑いとは何か」「テレビとは何か」を自分なりに発見したいと思います。, テレビ制作という将来の夢につなげるため。中学生の頃から、将来は大好きなテレビ番組を作る仕事に就きたいという想いがありました。テレビに関して制作から研究に至るまで専門的に学べる点に魅力を感じ、メディア専攻を選びました。, プロに教わりながら番組制作を経験。「マスコミ制作実習(情報番組)」で、話題となっていた国際問題を題材に情報番組を制作しました。制作を経験できることに加え、現場で働くプロに教わる貴重な機会。題材の選び方や効果的な情報の見せ方など多くを教わりました。, 発信側と受信側、両方の視点が身につく。クリエイティブな内容も学ぶ専攻で、先生方は個性を大切にしてくれます。学生はそれぞれテレビやラジオ、音楽など自らの好きなものを学ぶために来ており、会話を通して刺激し合える関係が魅力です。, 松山 秀明 助教Assistant Professor Hideaki Matsuyama, 理論と実践をバランスよく学べているところが角谷君の強み。夢をかなえ制作者になったとき、大学で学んだことが必ず役に立つでしょう。関心を深堀りする卒業研究を通して、さらに多くの知を手に入れてください。, アフリカ・トーゴ共和国で長期ボランティアに携わった経験から、日本とトーゴをつなぐ活動に取り組んでいます。私が滞在して感じた知られざるトーゴの魅力を伝えるために、エッセー本を出版し、現地で撮影した写真を掲示する企画展を開催。また、その逆で日本を紹介する番組も制作し、駐日トーゴ共和国大使館の協力を得て現地のテレビ局で放送予定です。今後は、「西アフリカで求められる日系企業」といったテーマで、卒業論文を執筆中です。, お笑い芸人が活躍する「メディア」を知るため。もともと私はお笑い芸人志望でしたが、祖母の勧めもあり大学に通ってから進路を決めることに。そこで、お笑い芸人に関連した分野を学びたくて、メディア専攻を選びました。, 映像制作における一連の過程を体験。映像作品を一から制作する「映像基礎実習」は、専門性が求められる実践的な授業です。企画からロケーション撮影、編集まで全て自分たちで行い、とても刺激的でした。, 発信側と受信側、両方の視点が身につく。伝えるスキルを学ぶ中で、メディアの受信側に加え、発信側に対する理解が深まったと感じます。情報が届けられる構造を意識しニュースやコンテンツの裏側にある「意図」を考えるようになりました。, 溝口 佑爾 助教Assistant Professor Yuji Mizoguchi, 書籍の出版に加え、トーゴで放送する番組の制作資金をクラウドファンディングで集めるなど、あらゆるメディアを駆使する辻君。濃密な体験に基づいた辻君ならではの卒業論文に期待しています。, 大阪天満宮に湧く名水である飲料水「天満天神の水」を用いて、天神橋筋商店街を活性化させるプロジェクトに取り組んでいます。4,000人へのアンケート取材のデータをもとに、パッケージデザインや販売場所の改善案を作成し、商店街やマスコミ、飲料メーカーに向けてプレゼンを実施。大阪天満宮のシンボルである梅にちなんだ梅味の水も提案しています。地域独自の魅力をフックにしたプロモーションで商店街を盛り上げていきたいです。, 社会に影響力のあるメディアを学ぶため。高校生のころから興味があったメディアの仕事。時代とともに発達するメディアの仕組みや情報発信の目的、今後の姿を学びたいと思い入学を決意。, メディアとスポーツの相互関係を知る講義。「メディアとスポーツ」の授業では、この2つが相互に影響し、発展を遂げたことを、オリンピックなどの具体例を交えながら学ぶことができました。体育会ソフトボール部に所属する私にはさらに魅力的でした。, 事実を正しく見定める力を養うことができる。生活に不可欠で大きな影響力をもつメディア。それらが発信する情報の裏に何があるのか、疑問をもち、事実を正しく知ろうとする力、そして自ら積極的に情報を集める力が身につきます。, 商店街はもはやモノを買う場所ではないのでは。人々がそこでどのような情報、ストーリーを経験できるのかを考えよう。つまり商店街はテーマパークであり、メディアなのです。, 所属する応援団バトン・チアリーダー部の認知度を高めるため、メディア専攻の学びを生かして広報担当に立候補しました。これまでのイベント告知活動を見直したうえで、イベントの模様をYouTubeに公開。SNSからリンクを張ったり、来場者に渡すグッズも開発するなど、より多くの人に来場してもらえるように工夫しました。次回のイベントに向けて、ターゲットをさらに明確にして、戦略的に告知活動を行いたいと思っています。, 影響力があり、時代の先端をいく「メディア」。人々の生活にもっとも影響力を与えるメディア。時代とともに情報発信手段を進化させているメディアを学ぶことは、時代の先端を学ぶことにつながると考えました。, 「広告」から時代や社会を読み解く視点を学べる。過去から現在にかけての広告を題材に、時代、社会、文化を読み解く「広告クリエイティブ論」。具体例をもとに、話題になった広告がなぜ人々の心を動かしたのか、その理由を考えます。, メディアを学ぶことは、今を学ぶこと。情報を発信する手段は時代で変わっても、「今」を発信し続けるのがメディアです。メディアを学ぶことは今を学ぶこと。そしてそれを実践できる環境が社会学部だと実感しています。, どんな素晴らしい知も学も、社会や人生に活かされなければもったいない。特にコミュニケーションとは実現されてこその学びです。その過程を通して得るものは、さらに大きな成果をもたらします。, 私の母校・県立双葉高校は、福島原発から約3キロの場所にあります。東日本大震災から3年、双葉高校を巣立った同窓生たちは、その間に何を考え、どう生きてきたのか。その記録をドキュメンタリー映像に残すことが、私の研究テーマです。ジャーナリスト養成プログラムでは、自分のメッセージを的確に伝える映像を撮影し、構成する技術を徹底的に学んでいます。福島に生まれ育った自分にしか撮れない映像作品を作りたいと思います。, 福島をテーマにドキュメンタリーを制作したい。故郷を元気にするドキュメンタリー映像を作りたい。人々の喜びや悲しみをていねいにすくい上げ、伝えられるような作品を作りたいという想いから、メディア専攻を選びました。, メディアの現場の雰囲気に触れる。新聞、テレビなど、毎回さまざまなマスコミ業界で活躍する方から現場感あふれる話が聞ける「マスコミ・セミナー」。めったに聞けないエピソードにあふれた講義です。, 映像に込められた意図をより深く考えられる。たくさんの映像を見て、それぞれのカットに込められた作者の意図をじっくりと考えるようになりました。将来、映画に関わる仕事に進みたいので、とても勉強になります。, 「被災者が被災者を撮る」という視点から映像づくりに挑む渡邉さん。既存のドキュメンタリーの作法にこだわらず、自分の「言葉」で表現してほしいと思います。, 「初音ミク」をめぐって、一般の人々が活発に創作活動を繰り広げるCGM(Consumer Generated Media)現象に注目しています。「ニコニコ動画」で話題となったボーカロイドアイドル「初音ミク」は、いまやメディアそのものとして新たな展開を次々に生み出しているように思います。3年次のゼミでは「なぜ今、初音ミクが受け入れられているのか」を発表。さまざまなメディアにわたって、新たな展開が日々起こっている、今ならではの研究テーマです。, メディアの信頼性に疑問を感じたことがきっかけ。漫画の表現規制など、インターネット上で話題になるテーマでも、新聞やニュースでは取り上げられないことがあると知り、メディアをもっと知ろうと考えました。, 社会で起こる出来事を、自分自身で読み解く授業。1年次に受講した「メディアと社会」では、社会学的に物事をとらえ、発想することを学びました。映像や実例をもとに自分で考え、世の中の見方を学ぶ刺激的な授業です。, 研究の進め方を早いうちに身につけることができる。情報の集め方や発表の仕方が、1・2年次の早い段階から身につきます。また、その過程でアニメとファッションの関係性など、今の研究につながる視点も得ることができました。, テーマ自体がどんどん変容していく点がおもしろいですね。研究活動も常に新たな動きを追って、小山さん独自の分析をしてほしいと思います。, 「震災とラジオ」をテーマに、震災後のラジオの役割や音楽の力について研究しています。ゼミの担当教員であり、同テーマについて研究されている小川博司先生と一緒に、2012年3月に被災地の宮城県を訪問。現地にある東北放送、FM仙台、さらには震災直後に作られた女川臨時災害FM局を訪れ、「直後の状況」「音楽を流し出した時期」「どういった曲を流したのか」といったことについて、各局のスタッフの方にお話しをうかがいました。 私たちのヴィジョン. 情報通信系(学士課程) 5つの特長. 教育 Education. 未来の人協働ロボット用軽量アクチュエータ研究に挑戦 (株)安川電機との共同研究講座です。電気電子・機械の2系にまたがったメカトロニクス研究室で、物質理工学院とも連携しています。 情報通信系について About Us. 「研究」と言われ、どのようなイメージを持つでしょうか。新聞やニュースなどでは、ある研究について「今までに誰も行ってこなかった、全くもって新しい研究!」などと大々的に取り上げることもしばしばあります。そういったものを見て、研究=革新的な大発明のようなイメージをもっている方も多いと思います。 しかし、研究とは、誰も思いつかないような突拍子もない新しいことをやってのけることではありません。研究とは、積み重ねです。その学問領域において、まだ足りていないところを自 … All Rights Reserved. エンジニアリングデザインコース(大学院課程) 5つの特長. 卒業研究テーマ一覧: 指導教員: 時間相関カメラと同期するLED光源の制御に関する研究; ALS患者のための視線を用いた仮想キーボードの研究; レーザー距離計を用いた太陽光型植物工場SLAMの試作; Cybernetics Crowの視覚系の開発; 栗本育三郎 Copyright© 2017 Kansai University. © Dept. 学びの体系. 概要. 直後は安否確認や食糧配給などの情報を流すだけで精一杯で、周囲が落ち着くとともに歌詞のないインストゥルメンタルの曲、洋楽と段階的に放送。その後、日本の歌が流されるわけですが、別れや人と会えなくなるような歌詞が入っているものや、効果音に波の音が入っている曲は流さないといった、さまざまな配慮のもとで放送されていたことがわかりました。今年の夏に再度現地を訪れ、今度はその放送を聴いた人たちがどのような感想や印象をもったのか、リスナーの方への聞き取り調査を行う予定です。, 以前から興味のあったマスコミの分野。幅広い分野を学べるのが社会学部の特色ですが、社会に出るにあたって自分の強みとなる特化した分野を作りたいと思い、この専攻を選択。以前からマスコミに興味があったのもきっかけのひとつです。, さまざまな課題のもと、文章力を磨く。「ジャーナリズム実習Ⅱ(文章)」では、物の描写や映画のワンシーンを見て要約するなど、毎回出されるテーマについて400~800文字の文章を作成します。とにかく文章力がつき、ためになる授業です。, 日常のなかでの新しい発見がいっぱい。テレビや広告など、身近なものが研究対象となり、テーマに対してさまざまな視点から考察を深めていけます。その学びを通じて、日常のなかでの新しい発見がたくさんあるのも魅力ですね。, 石河君は2年次からジャーナリスト養成プログラムに参加し、取材力、文章力を鍛えあげてきました。また、震災後は、宮城県の被災地でボランティア活動に参加するなど、フットワークの軽さがあります。 テーマは、以下の6テーマです。いずれも電子情報科らしい研究内容であり、とても興味深いものでした。発表会には電子情報科2年生も参加し、先輩の発表を真剣な態度で聴きました。質疑も活発に行われ、とてもすばらしい発表会となりました。

あつ森 ニンテンドーアカウント 複数 7, ダンガン ロンパ アナザー2 人気投票 7, リーガルハイ 続編 無理 21, Phrozen Shuffle Amazon 4, バイオ ハザード リベレーションズ2 パチンコ V入賞 49, お ばら 整形外科 札幌 事件 12, Python ビット演算 遅い 4, Ene Rgb Hal 0x80070666 4, かっこいい 浴衣 メンズ 20, レクサス 空気圧センサー登録 費用 13, ロードスター Cb750 名古屋 32, 猫 呼吸 不規則 9, Vba 文字列 ランダム 抽出 9, 宅地建物取引士 法定講習 確認テスト 問題a 26, サイコパス診断 メンヘラ 診断 32, 転職 風水 2020 15, Qdc リ ケーブル 中華 10, 猫避妊手術 費用 安い 千葉 5, 術後 低栄養 看護 13, Vista 英語 教科書 Lesson9 17, Ts3130 エラー 消えない 8, Sixtones 光る 兆し Mp3 4, あんスタ Music カード 属性 14, D 01g Mhl 対応 5, ゼロクラウン エバポレーター 交換 24, 片思い 嫌われた 逆転 11, Trapcode Mir ない 4, 鳥の餌 どこで 買う 7, Tableau Prep 重複削除 19,

Leave a Reply