受動態 英語 問題 4

(3) I was (ï½± spoken by, ï½² spoken to by, ï½³ spoken to) a stranger. 6)法隆寺は7世紀に建てられました。 All Rights Reserved. (2) I was ( invite ) by my American friend in Tokyo. (speak). (1) My father gave me this computer as a birthday present. 英語問題の『何が問われているのか?』を判断して、『適確に解を導く』練習をしましょ …, 25 次の2文がほぼ同じ内容になるよう、(  )に適語を入れなさい。 (1) T …, 今回から「受動態」を確認しましょう。 【受動態のポイント】 ※「SがVする」とい …, 英語問題の『何が問われているのか?』を判断して、『適確に解を導く』練習です。 こ …, 24 (  )内の正しいものを選びなさい。 (1) The story was …. 1.choice 2.choose 3.chose 4.chosen 解説. S               V                 M 「世界中で」は「around the world」の他に「all over the world」「in the world」という表現もあります。, 5)「壊す」は「break」ですが、不規則変化の動詞で過去分詞は「broken」です。, 6)「建てる」は「build」ですが、不規則変化の動詞で過去分詞は「built」です。 8)彼女の誕生日パーティーは明日開かれます。 《解説》 1)元の文の目的語は「the opinion」なので、これが受動態の文の主語になります。 8)will,be,held, 【解説】 (2) 数人がその家族に招待されています。 Some people are(   )(   )the family. 6)My idea was not understood. (5) My pictures are ( keep ) in the album. (8) Please remain (ï½± to seat, ï½² seating, ï½³ seated) for a while.   「I」は「invite」という動作はできるが「by my American friend」は「動作主」なので「受動態」と考えてよいでしょう。   「letter」は「write」という動作ができないので「受動態」です。 先生はその生徒たちを許しませんでした。 1)主語は「私は」、動詞は「尋ねられた」なので、「I was asked」です。「asked」の後ろには先に「彼から(彼によって)」、最後に「母について」を持ってきます。, 2)主語は「ユキ」、動詞は「与えられなかった」です。受動態・否定文・過去形の文は、be動詞を過去形にした上で、後ろにnotを付けることで表せます。, 3)主語は「そのルール」、動詞は「改善されるでしょう」です。「改善されるでしょう」は未来形で表現しますので、助動詞「will」または「be going to」を使います。 (5) Who invented the the steam engine? (3) Most of the house in Japan / are ( make ) / of wood. be動詞は主語と時制(現在形・過去形・未来形)によって変化する点に注意しましょう。.   「build」は不規則変化動詞で、「build-built-built-building」と活用します。 2)その山は雪で覆われています。   「make」は不規則変化動詞で、「make-made-made-making」と活用します。 M        (V)       S                             V. (7) This letter / is ( write ) / in English.  *made, 『be+made』は3種類 (7) Her books are sold well. 元の文の動詞が「accepted」という過去形の文なので、受動態にする時はbe動詞を「was」にしなければいけません。, 2)元の文は「didn’t」が使われているため、過去形の否定文です。これを受動態にするには元の文の目的語「the students」を主語にして、「The students were not allowed」にします。, 3)元の文では動詞が「respect」という現在形になっているので、現在形の受動態の文を作ります。目的語となっていた「Sayuri」が主語になります。, 4)元の文は「found」という動詞「find」の過去形が使われているので、過去形の受動態の文を作ります。「the cat」を主語にして、「The cat was found」となります。, 5)元の文は「gathered」という過去形の動詞を使っています。「many people」を主語にして「Many people were gathered」という語順になります。, 1)Takashi is loved by Everyone. I was made (  )(  ) my room by my mother. 疑問文で語順がわかりにくければ、普通の肯定文で考えるといいですよ。 【解説】 The beautiful picture (    )(    )(    ) my mother. ・be made from ~ PDFはクリックではダウンロードできません。URLをコピーして検索窓に貼り付けてダウンロードしてください。. 5)was,broken,by,him 彼はその意見を受け入れました。 3)そのルールは改善されるでしょう。 5)そのおもちゃは彼に壊されました。 (1) A new kind of stamps / was ( sell ) / today. 5)あの椅子は木で作られていますか? – いいえ、違います。 動詞の過去分詞は、過去形と同じように「ed」や「d」を付けるものと、不規則変化をするものがあります。不規則変化の動詞は必ず覚えておきましょう。, 【解答】  *built, (7) This letter / is ( write ) / in English. ¦ç«¯ã‚’タップすると反応が良くなります。. (受動態に) (4) The cat catches the mouse. 【問1】次の文が受動態の文になるように、(   )内の語を適する形にかえてに書きなさい。 (1) We are(   )to the concert.   A be made of B 「AはBから作られる(質の変化なし)」 (受動態に) 2)The teacher didn’t allow the students. (use), (3) The windows are(   )every day. 問1 I was made ( ) by him though it was raining very hard. This computer (  )(  )(  ) me as a birthday present by my father. 4)My friend found the cat in the park. 「~される」という表現は「受動態(受け身)」と言います。   「write」は不規則変化動詞で、「write-wrote-written-writing」と活用します。 5.ï½² had his bike stolen:have+O+過去分詞~ で、Oは~される。→「彼は自転車を盗まれた。」 (write), (6) English is(   )in many countries.  *sold, (2) I / was ( invite ) / by my American friend / in Tokyo. (6) When / were / these fine bridges / ( build )? S              V                 M(動作主) 5.Who [Whom]/by:能動態の主語Whoは、by whom 「誰によって」と行為者となります。そしてwhom だけが文頭に来てWho になったものです。 (10) The tree is known (ï½± by, ï½² for, ï½³ to) its fruit. 【問1】 (1) invited (2) used (3) opened (4) seen (5) written (6) spoken, Pikuu(ピクー)は、中学生のための勉強サイトです。わかりやすくをモットーに、ポイントをわかりやすくまとめています。また、暗記しやすいように、図を多用することで印象に残るように配慮をしています。, hold a party で「パーティーを開く」。 hold – held – held と変化する。. (The rule is going to be improved.) (6) Forget it at once. 【解答】 8.ï½³ seated:remain+過去分詞~「~されている」という受身の状態を表します。→「少しの間、席に着いておいてください。」※seat:席に着かせる You are seated. 4)Is this song known to everyone? この文は未来形の文なので、助動詞「will」が使われていますが、助動詞の後ろに来る動詞は必ず原形にしなければなりません。つまり、「will be held」となります。, 1)He accepted the opinion.   (V)     S              V        M 8.be pushed:助動詞の受動態は、助動詞+be+過去分詞 →「発射ボタンは意のままに押すことが出来る。」 S     V        O (席に着く。) (受動態に) 2.to clean:make+O+原形不定詞~「~に…させる」を受動態にした場合、原形不定詞は to不定詞になります。 (  )(  )(  ) that the number thirteen is unlucky. Copyright © 2006 お気楽英語 All Rights Reserved. 簡単に言うと、目で見て素材がすぐに分かるものは「of」、固体が液体などに変化していてすぐには素材が判断できないものは「from」というイメージです。, 6)受動態・否定文・過去形の文ですので、「主語+be動詞の過去形+not+過去分詞」で作ります。「understand」は不規則動詞で、過去分詞は「understood」です。, - Copyright (c) MOSHIMO STUDIO All Rights Reserved. (受動態に) 27 (  )内の語を適当な形に書き換えなさい。 to have been ( ) by the little girl 「小さな女の子によって~され」という受動態です。直前にbe動詞、直後に行為者by~があるのでわかりやすい問題です。 【ヒント】 「~される」という表現は「受動態(受け身)」と言います。 受動態は、「主語+be動詞+動詞の過去分詞」で作ります。 過去形の文ならbe動詞を「was」または「were」にします。 「~によって」は「by ~」で表現します。 動詞の過去分詞は、過去形と同じように「ed」や「d」を付けるものと、不規則変化をするものがあります。不規則変化の動詞は必ず覚えておきましょう。 【解答】 1)is,cleaned 2)is,covered,with 3)was,drawn(painted),by 4)is,read,around(in) 5)was,broken,by,him 6)was,… (  )(  ) be forgot at once. (受動態に) The toy (    )(    )(    )(    ). 7.sell:受身の意味を持つ自動詞の sell →「彼女の本は良く売れる」 4)They speak English in America.   「cake」は「eat」という動作ができないので「受動態」ですね。   S              V        O      M                   M 1)「掃除をする」は「clean」なので、受動態「掃除される」の場合は「be cleaned」になります。主語は「This room」なので、be動詞は「is」に変えます。, 2)「覆う」は「cover」です。「~に覆われる」は「be covered with ~」で覚えておきましょう。, 3)「描く」は「draw」ですが、不規則変化の動詞で過去分詞は「drawn」です。「描かれました」という過去形の文なので、be動詞を過去形にする必要があります。 (5) Are / the stars / seen / at night? 6)私の考えは理解されませんでした。, 【ヒント】 (3) Jane was washing the dishes then. この機械は彼のお父さんによって修理されました。, 【ヒント】 3.being washed:進行形の受動態は、be being+過去分詞~ 「~されている」   *No, they are not. (7) This letter is ( write ) in English. 7)were,taken,to 1)Everyone loves Takashi.   「stamp」は「sell」という行為はできないので「受動態」だとわかります。  *invited, (3) Most of the house in Japan / are ( make ) / of wood. 「will」を使う場合は後ろに来る動詞は原形にしますので、「The rule will be improved.」となります。 S               (V)   V       M The dishes were (  )(  ) by Jane. 私の友達はその猫を公園で発見しました。   「keep」は不規則変化動詞で、「keep-kept-kept-keeping」と活用します。 4)The cat was found by my friend in the park. (1) A new kind of stamps was ( sell ) today. (1) He was seen (ï½± gone, ï½² to go, ï½³ went) out of the room.   「eat」は不規則変化動詞で、「eat-ate-eaten-eating」と活用します。 (invite ), (2) This room is (   )every Wednesday. S                                        V                   M. (4) The cake / was ( eat ) / by my sister. 2)ユキはプレゼントを与えられませんでした。 【解答】   → He / read / the story. 「~で作られている」という表現には2種類あります。 「目的語を主語にたてる」「動詞の決定要件」を確認します。 英語では、日本語では考えられないほど受動態の文がよく使われるが、わざわざ馴染みのない形を扱う必要はない。文法力を身に付けるための最短ルートを通りたいのなら、必ず受動態を能動態に戻して考えるようにしよう。 (過去形に) (受動態に), (5) Are the stars seen at night?   *Was the story read by him? S  V                    M(動作主)                       M (4) The puppy at the rescue center looked happy to have been ( ) by the little girl. 私は両親にケイトと名づけられました。 (3) Most of the house in Japan are ( make ) of wood. 受動態で「~に」「~によって」に当てはまる単語が、能動態の文で主語になります。 2)Yuki was not given a present. S                                        V                   M  *kept, (6) When / were / these fine bridges / ( build )? 3)The children respect Sayuri. – Yes, it is. 【問3】次の日本文に合う英文になるように(   )に適する語を書きなさい。 (1) 私たちは友だちに助けられています。 We are(   )(   )our friends. (4) They say that he passed the entrance exam. 5)This machine was repaired by his father. (受動態に), S              V        O      M                   M, (4) The cat / catches / the mouse. 6.ï½± got injured:got+過去分詞~ 「~された」という、受身の一時的な動作を表します。→「私の弟はその事故で怪我をした。」   S            V           O (Noで答えよ) ・be made of ~   (V)   S     V        O 子供たちはサユリを尊敬しています。   (V)   S            V          M (1) Did he read the story? ´ç¿’問題の解答後に参照してみてください。, 主語+動詞+目的語1+目的語2, 著書向け確認問題のインデックス(目次), Day7 予定のbe going toと予測のwill, Day10 提案のshallと助言のshould, Day11 推量と許可のmayとmight, Day12 能力、可能性、許可、依頼のcanと過去形could, Day13 義務のhave toと義務、推量のmust, Day15 whoseとwhichの疑問文、所有代名詞, Day19 提案とあいさつのhow、理由と提案のwhy, Day23 数の形容詞、manyとmuch、数詞と序数詞, Day24 数の形容詞、a fewとa little、anyとsomeなど, Day25 数の形容詞、allとmostとno、everyとeach, Day29 場所の副詞hereとthere、~where, Day33 程度の副詞almost、veryとmuch、rather, Day34 その他の副詞eitherとneither, Day37 時の前置詞atとin、byとuntil, Day38 時の前置詞from、beforeとafter、forとduring, Day40 場所の前置詞overとunder、aboveとbelow, Day41 場所の前置詞near、byとbeside, Day42 場所の前置詞next to、along、through, Day43 場所の前置詞around、across、withとwithout, Day48 不定代名詞other、another, Day49 代名詞somebodyとsomething、each other, Day53 接続詞not only、because、before、after, Day57 条件の接続詞if、whether, Day58 接続詞as、wonder if、unless、in case, Day64 現在完了(完了・結果)1, Day65 現在完了(完了・結果)2, Day71 挿入語句と付加疑問文, Day83 複合関係代名詞と複合関係副詞,  英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。, Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます.

六花 名前 男の子, レザークラフト キット キーケース, Mac ターミナル 入力できない, あいみょん マリーゴールド ハルノヒ アルバム, Amazon 異常ログイン 配送先変更, 聖剣3 リメイク 評価, アイアンマン フィギュアーツ レビュー, 東京 広島 新幹線, 広島 対 ヤクルト 中継, プロスピa 中継ぎ リアタイ, 愛の不時着 ネタバレ ラスト, グリーン車 乗り継ぎ 最長, ジルスチュアート ハンドクリーム ロージーズ, マナカ定期 継続 名鉄, ヒョンビン&ソン イェジン 仲良し, 博多 新大阪 新幹線 料金 往復, 誕生日 特典 スパ, 聖剣3 リメイク 評価, アドリア マトリックス ブログ, 自転車 チェーン 外側 挟まった, 宇垣美里 好きな 本, 愛の不時着 ネタバレ ラスト, ネイティブ 英語 教材, 宿命 アカペラ 楽譜, ソン ガンホ 出演 ドラマ, マクドナルド 楽天ポイント 使える, Line ステータスメッセージ モテる男, テスト 平均点 低い,

Leave a Reply