スバル レヴォーグ ハイブリッド 4

レヴォーグの車種情報。ドライブの中で生まれる会話や笑顔、時には思いがけない風景との出会いに胸を躍らせ、このクルマと過ごす一瞬一瞬がかけがえのない時間となって人生に深く刻まれていく。新世代subaruのフラッグシップ、レヴォーグの魅力をご紹介します。 2017年6月にマイナーチェンジが予定されている、スバル レヴォーグ。エクステリアの変更や、最新型のアイサイト搭載など期待が膨らむところですが、以前から噂されている「ハイブリッド仕様」は果たして追加されるのでしょうか?, インプレッサが、2016年10月にフルモデルチェンジを敢行。新開発の次世代プラットフォーム”スバルグローバルプラットフォーム(SGP)”を採用し、高剛性・軽量・低重心化による基本性能の向上も話題となっています。 こうした点を鑑みると、先代インプレッサのプラットフォームを採用しているレヴォーグも競争力を高める必要があり、今回のマイナーチェンジではさまざまな新機軸を用意するものと考えられます。 2017年3月現在、噂されているのは、スバル最新の安全装備、アイサイトのアップデートバージョン、「アイサイトver.4」を世界初搭載するのでは、ということ。これはスバルのみならず各メーカーが力を入れている分野ですから、レヴォーグの競争力UPとしては申し分ない装備となるでしょう。 そしてもうひとつ、考えられるのが「ハイブリッド仕様」の追加です。XVハイブリッドのシャシーは、レヴォーグと共通であるはずなので、ハイブリッドユニットを搭載するのは、さほど難しいことではないでしょう。, スバル公式HPでXVハイブリッドをチェックしてみると、「2017年1月22日(日)をもって注文受付を終了しました」というアナウンスがされています。 ガソリンエンジンのXVは、2017年3月9日より先行予約が開始されており、春頃の発売が予定されています。ところが、XVハイブリッドに関しては、詳細な情報がありません。そのパワーユニットがどんなものになるのか、2017年3月現在予想されているのは、現行レヴォーグにも搭載されているB16型水平対向4気筒1.6L直噴ターボエンジン+モーター。この組み合わせであれば、環境性能を損なわず、走行性能をUPさせることが可能でしょう。この1.6Lターボ+モーターのハイブリッドエンジンを、レヴォーグに搭載しない手はないのですが…。, XVハイブリッドのモデルチェンジが近く行われる状況にあって、1.6Lターボ+モーターのハイブリッド仕様が追加されるのであれば、レヴォーグのマイナーチェンジにもこのパワーユニットが追加されるのでしょうか。 現在、レヴォーグには、以下2つのパワーユニットが用意されています。 ・1.6L DIT(FB16型)…最高出力125kW(170ps) 最大トルク250Nm(25.5kgm)  JC08モード燃費16.0km/L ・2.0L(FA20型)…最高出力221kW(300ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)  JC08モード燃費13.2km/L 2.0L仕様は、WRX S4と同じエンジンで、ハイパワーを誇っています。一方、1.6L仕様も必要十分なパワーと、レギュラーガソリン対応かつ環境性能に優れたエンジンに仕上がっています。 もし、1.6Lエンジンを強力なモーターでアシストさせ、2.0L仕様に負けないトルクと20km/Lを超える燃費性能を持つハイスペックなハイブリッド仕様がラインナップされるのであれば、非常に面白い存在となるでしょうね。レヴォーグの競争力も格段に上がることが予想されます。果たしてレヴォーグに、ハイブリッド仕様は追加されることになるのか。6月のマイナーチェンジに注目しましょう。, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説. Copyright© suv、ミニバンの登場で衰退しつつあるステーションワゴン。そんな国産ワゴンで孤軍奮闘しているのがスバルレヴォーグである。そんなレヴォーグも2020年に新型へ生まれ変わる。新型への期待と不安を考察する。 2020年にモデルチェンジする予定のスバルレヴォーグですが、それによってどこが進化するのか気になりますよね?, 次期レヴォーグの進化を予想するには、ヴィッジブツアラーコンセプトが大きなヒントになります。, ヴィッジブツアラーコンセプトはツーリングワゴンタイプのコンセプトモデルなので、現在スバルが販売しているモデルの中ではレヴォーグが該当します。, まだまだ次期レヴォーグの情報は少ないのですが、予想も含めてどの部分が進化するのかを書いていきます。, プラットフォームがSGP(スバルグローバルプラットフォーム)になるのは決定事項ですね。, 現行インプレッサから搭載になったSGPは、その後XV・アセント(北米で発売)・次期フォレスターに搭載され、すべてのスバル車に順次搭載されます。, 現行インプレッサはSGPを搭載したことで、部分的に現行レヴォーグを超えたと言われていて、下剋上状態になっています。, 次期レヴォーグではダウンサイジングされ、新開発の1.5Lと1.8Lエンジンとなります。, 排気量が下がるとはいえ、スバルの作るターボエンジンですからハイパワーなのは間違いなし。, 現行レヴォーグに搭載されているアイサイトは、最新版のアイサイト・ツーリングアシスト。, 全車速追従機能付クルーズコントロールは、最高速度を100km/hから120km/hに進化させました。, 車線中央維持システムは、60km/h以上の車速でないと使えなかったのが、0km/hから作動するように進化させました。, アイサイトがどう進化するかは現時点では分からないのですが、現行のアイサイトはフロントウィンドウの内側にステレオカメラが取り付けられているのに対して、ヴィッジブツアラーコンセプトでは外側に取り付けられています。, 今までは内側に取り付けられていたため、ドライブレコーダーの取り付けなどに制限がありました。, 外側に付くことで、そういった制限がなくなり、車内もすっきりすることが考えられます。, 他社の同じクラスのクルマと比較すると、10%から20%ほど実燃費が落ちる印象です。, 2018年に登場するインプレッサのC型や新型フォレスターには、ハイブリッドモデル登場がウワサされていますので、レヴォーグにもハイブリッドモデルが設定されるかもしれません。, その場合はボンネットのインタークーラー冷却ダクトがどうなるか分かりませんが、ハイブリッドくらい投入しないと他社に勝てないですからね(^_^;), Contents1 BRZ STIと86GRの違いを徹底検証!スバルとトヨタ対決!1.1 BRZ STIと86GRのスペックはどう違うのか?1.2 ボディサイズ1.3 タイヤ1.4 ブレーキ1.5 イ …, スバルのSTI Sportとは STIというのは、スバルテクニカルインターナショナルの略称で、1988年に設立されたスバルモータースポーツ部門の子会社のことです。 本業はレース参戦車両の開発ですが、近 …, スバル アセントの日本発売はいつ? スバル アセントというのはどういうクルマ? 2018年に北米で発売される予定のスバル アセント。 スバル車としては珍しい3列シートで、多人数が乗れるクルマです。 ボ …, スバルが無資格者を監査時に外す隠蔽工作 スバルが隠蔽工作をしていた 国土交通省や社内の監査の際に、無資格者を検査から外すという隠蔽行為があったと、スバルが明らかにしました。 これ、アカンやつですね。 …, スバルがEyeSight(アイサイト)の自社開発を終了するかもという話 これはニューモデルマガジンXという雑誌にスクープされていた内容を記事化したものです。 ニューモデルマガジンXというのがどこまで正 …. スバル wrx sti 次期型を大予想!2.4lボクサーで400馬力超えか…phevの搭載は? 2020年8月21日(金)08時00分 新型レヴォーグを筆頭に、登場が予想される5台の注目ニューモデルは? スバルにとって2020年から2021年にかけては、例年になく数多くのニューモデルを投入することになりそうだ。新型wrx… ・スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)にインナーフレーム構造採用 ドライブーム(ドライブとマイブーム) , レヴォーグは、4人乗車にてゴルフバッグ4個載るのでしょうか? 試乗はしていて後ろも見たのですが、リアタイヤの出っ張りがトランクにかかっており 気になります。 ゴルフする方で4人で行かれた方のご意見頂きたく投稿致しました。 ・ドライブモードセレクト採用 2017年6月にマイナーチェンジが予定されている、スバル レヴォーグ。エクステリアの変更や、最新型のアイサイト搭載など期待が膨らむところですが、以前から噂されている「ハイブリッド仕様」は果たして追加されるのでしょうか? ?実際に見積もり取ってみた!, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. マツダ MAZDA2の14のグレードを徹底比較!おすすめのPROACTIVEグレードはこれだ!! ・日本初導入のコネクテッドサービス採用, 以上を踏まえて、スバル技術ミーティングで明らかに新型レヴォーグの注目点について見ていきたい。, 2018年7月に発表した中期経営計画「STEP」を基盤として、スバルのこれからについて熱く語った。, スバルを愛する者たちによる、スバルらしさを徹底的に追及した、真面目なクルマづくりが、ディファレントを生む源泉になる、と説明した。, 次いで、スバルの技術開発を統括する、取締役専務執行役員・CTOの大抜哲雄が「人を中心としてクルマづくり」が、スバルらしさを際立たせるための基本であると強調した。, この動的質感の進化を実現したのが、2016年発売の現行インプレッサから採用されているスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)である。, インプレッサ開発統括者は「本来、巨額の投資が必要なSGPは、車格の上であるレガシィから採用するのが(社内での)筋。ですが、動的質感を一気に変えるためにSGPは必要不可欠として社内を説得しました」という。, こうして生まれたSGPは、XV/フォレスター/レガシィ/アウトバックと各モデルで改良が進み、「レヴォーグは、SGP第1期の最終系となる」(大抜専務)という表現になった。, 画像 2種類のレヴォーグ・プロトタイプと現行レヴォーグ どう違う?【比べる】 全140枚, 【新たな情報を入手】新型レヴォーグ、1.8Lリーンターボ(希薄燃焼)専用車か ハイブリッド車はない?, 【ハイテクの旗艦SUV】新型BMW iX 発表 510psの次世代EV 発売は2021年後半を予定, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 後編, 【詳細データテスト】アルピナB3ツーリング 圧倒的なパフォーマンス パフォーマンスカーでは異例の快適性 アルピナの最高傑作, 【3気筒ガソリンPHEV登場】ランドローバー・ディスカバリー・スポーツP300eへ試乗, 【クワトロ40周年記念モデル】アウディRS6 GTOコンセプト 学生のアイデア採用, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 前編, 【日産の新車攻勢】新型ノートは年内発売 新型エクストレイルは? 売れ筋、打倒トヨタ 社長は自信, 【電動でオープン・ドライブも】フェラーリSF90スパイダー PHEVの新型オープン・モデル登場, 【オープンでもスーパーファスト】フェラーリ812 GTSへ試乗 0-100km/h 3.0秒 339km/h超. スバルは、新型レヴォーグに搭載する新世代の水平対向4気筒リーンバーンターボ(cb18型)を発表した。現行レヴォーグが搭載する1.6ℓ水平対向4気筒直噴ターボ(fb16dit)の代替となるエンジンである。ボアピッチを含めて全面刷新されたcb型には、1.5ℓ版の噂がある。 日産 3代目エルグランドの12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!! ・新世代アイサイト採用 スバル レヴォーグの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。 ・スバル初の電子制御ダンバーシステム採用 昨日おこなわれた「スバル技術ミーティング」にて、新型レヴォーグに関する新情報を手にしました。スバル・グローバル・プラットフォーム(sgp)第1段の最終系に位置し、1.8lリーンターボ専用車の可 … 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, スバル 新型レヴォーグは支払い総額419万4930円! 10月に発売予定となっているスバル・新型レヴォーグは、【「cb18dit」熱効率40%超1.8l水平対向4気筒ターボエンジン】がすべて、と言っても良い。 スバルの主力車種、レヴォーグが初めてのフルモデルチェンジを迎えることとなった。プラットフォーム、エンジン、アイサイトなど、すべてが刷新された入魂の1台だ。その進化のほどを、旧モデルと比較しながら探ってみよう。 トヨタ アルファードハイブリッドの9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!! スバル 新型レヴォーグの期待と不安 唯一無二の高性能ワゴンに転機!? 今年から来年にかけてスバルが新車攻勢をかける!! ?【ベストカースクープ戦記】, 置き去り? その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介. 昨日おこなわれた「スバル技術ミーティング」にて、新型レヴォーグに関する新情報を手にしました。スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)第1段の最終系に位置し、1.8Lリーンターボ専用車の可能性も。, ー新型レヴォーグ 既に出ている情報おさらいーレヴォーグ、SGP第1段の最終系にー掲げる「動的質感」 3つの領域で開発ー新型レヴォーグは1.8Lターボのみになる?, その正体が、スバル本社がメディア向けに開催した、スバル技術ミーティング(2020年1月20日:東京都恵比寿)で、さらに明らかになった。, 量産車にほぼ近いかたちのプロトタイプが2019年10月、東京モーターショーで世界初披露された。次いで、東京オートサロン(2020年1月10日~12日)で、STIスポーツとしてのプロトタイプが登場した。, ・新デザインコンセプト「BOLDER」採用 今年から来年にかけてスバルが新車攻勢をかける!! ホンダ 5代目ステップワゴンの4つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめグレードはこれだ!! 見殺し?? トヨタ 2代目ウィッシュの5つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! 2020 All Rights Reserved. ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. ・新開発の高精度マップ&ロケーター採用 新型レヴォーグを筆頭に、登場が予想される5台の注目ニューモデルは?, スバルにとって2020年から2021年にかけては、例年になく数多くのニューモデルを投入することになりそうだ。新型WRXなど2021年に出るスバルの新車については既報のとおりだが、今年=2020年も大物・レヴォーグのフルモデルチェンジが控える。, そこで、改めて今年から来年にかけて登場するスバルの新車のなかでも、特に注目度が高い5台の最新情報をまとめてお届け!, 2020年秋の10月に発表され、12月から正式販売される見込みで、すでに2019年の東京モーターショーでは量産車のプロトタイプ仕様が初公開され、その最上級グレードとなる「STIスポーツ」のプロト仕様も、2020年1月の東京オートサロンで公開されたばかり。, 国内での市場規模は縮小されたミドルステーションワゴンカテゴリーだが、レヴォーグは貴重なターボワゴン。, このセグメントではトヨタがカローラツーリングをラインナップするものの、こちらのエンジンは実用的な直4、1.2Lターボで、実質的にターボスポーツワゴンは国産モデルではレヴォーグのみといっても過言ではないだろう。, 新たにスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を得て大幅に基本性能を向上してくる新型レヴォーグには新開発の水平対向1.8Lターボを搭載。, 現行型の1.6Lの後継的エンジンとなるこの1.8Lターボは、200㎰級のパワーを誇りながら、リーン燃焼技術を採用することで燃費も向上させる。もちろん、アイサイトも最新版となり、ステレオカメラに加え、360度センシングで高速でのハンズオフも実現する。, 最上級グレードの「STIスポーツ」をはじめ新型は、新たにスイッチひとつで走りから乗り心地までを一変させる「ドライブモードセレクト」を搭載。スバル初の電子制御ダンパーシステム採用により、それを可能にしている。, 2019年にインプレッサスポーツ&G4がビッグマイナーチェンジを受けたのだが、その公道試乗会で用意されていたのが、STIが足回りをチューニングしたモデルだ。, その試乗会で実際に乗った自動車評論家の松田秀士氏によれば、「電動パワステはノーマルと変わらないが、明らかにステアリングは重く、接地性が向上していた」と証言。, そんなインプレッサの最上級グレードとしていよいよ登場するのがこの「STIスポーツ」。これまでにレヴォーグ、BRZに設定されていたが、ついにSGP採用モデルにも初めて登場することになるワケだ。, エンジン本体に手は入れず、ビルシュタイン製サスペンションやパフォーマンスダンパーなど、STI独自のチューンはほかのモデルと同様。2019年の東京オートサロンに出展されたSTIコンセプトモデルに近い内容になりそうだ。, モデル末期の今も北米では好調に売れ続けているクロスオーバーSUV、レガシィアウトバックも、いよいよ新型に切り替わる。, 全長は4860×全幅1855×全高1680mmと若干サイズアップする。すでに2019年4月のニューヨークショーで公開されていて、そのスタイリングはキープコンセプト。だが、その中身はスバルグローバルプラットフォームを得て相当に進化させているのは言うまでもない。, 北米仕様のパワートレーンには現行型の水平対向2.5Lエンジンをブラッシュアップさせたものに加え、北米専売の3列シート車アセントにも載る260ps/38.8kgmの水平対向2.4L直噴ターボをラインナップするが、日本仕様はNAエンジンのみの予定。, 2019年9月に発表されたスバルとトヨタとの業務資本提携の強化により一層強固な資本関係となった両社が繰り出すのが、コラボレーション開発の継続による次期型86/BRZ。, 開発はスバル側が主導し、新たにスバルグローバルプラットフォームを採用することになる。, 新採用の水平対向2.4L・NAエンジンは、最高出力220ps/最大トルク24.5kgmを発揮。, 排気量アップの恩恵で低速からの豊かなトルクにより、ファントゥドライブ度に磨きをかけて登場。エクステリアについても基本シルエットは変えずによりシャープになる。, スバルが最近打ち出しているデザインアイデンティティに「BOLDER」(大胆な)を体現した新しいクーペSUVが、このアドレナリンだ。, そのエクステリアからは、フォレスターやXVとはまた違ったタフさやラギッド感が演出されているため、アクティブライフを送りたいと願うユーザーへのアピールが感じられる。, パワートレーンはフォレスターやXVの搭載する2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERと、NAエンジンの2本立てになりそう。, 最近の販売比率では約6割がフォレスター、XV、アウトバックというSUVになっているスバル。アドレナリンはそのカテゴリーを拡充するスバル初のクーペSUVモデルとして登場することになる。今から登場が楽しみな1台。, ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! 2020年8月から先行予約が始まったスバル 新型レヴォーグ(vn5型)。公式サイトでもエクステリア(外装)やインテリア(内装)が確認できるようになったものの、先行予約期間中は実物が確認できないことから契約を躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。 B, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. ・新開発の1.8L水平対向直噴ターボ搭載 次期レヴォーグはどこが進化する?ハイブリッドモデルも追加か!? 2020年にモデルチェンジする予定のスバルレヴォーグですが、それによってどこが進化するのか気になりますよね?

山陽電車 遅延 な う, Ps App 通知こない, 国立高校 難関私立高校入試対策 上級問題集 数学, キッチン 吉本ばなな 青空 文庫, Planet Express 届かない, Google 画像検索 変わった Iphone, 車 エンジン修理 値段, ターキー 内臓 使い方, 中国語 漢字 意味 検索, スプレッドシート セル内改行 Mac, イラレ 同じ位置にペースト できない, バイク アクスルシャフト 交換, 高校 教科書 捨てるタイミング, 自閉症 1歳 違和感, あつ森 肩書き オタク, 七つの大罪 等級 ランキング, エクセル 起動 遅い, 車 寝る 姿勢, スマブラ 受け身 取れない, 弱虫ペダル 浜松 撮影場所, ネイティブ 英語 教材, モデル 里海 出産, キーボード 1文字目 反応しない, Pdf 透明部分 色が変わる, Ipad Pro 2020 Raw現像, 新小岩駅行き バス 時刻表, Iphone 送信済みメール 消える Docomo, ハッピーバースデー 映画 3, ピザ生地 発酵 止める,

Leave a Reply