ウォルト ディズニー カンパニー 関係会社 組織 16

本当にディズニーが好きなら、グッズよりもウォルトディズニー株を買えばいいと思うのです。そのほうが所有欲が高まると思いますが、いかがでしょうか。ってリアルで言ってたら、変人扱いされるんだろうなぁ。, なんとなくしたツイートなのですが、今でもたまにいいねが付いたり、リツイートされたりしています。, このツイートをした動機としては、リアルやネットを含めて周囲で以下のような話題を見聞きしていたからです。, こういった話題が耳に入るたびに、米国株投資家としてはDIS株のことが気になってしまいます。, そこで本日は、実際にウォルトディズニーがどのような事業を行っており、株を保有することでどのような所有欲を得ることができるのかをまとめて見ていきたいと思います。, ウォルト・ディズニー(The Walt Disney Company)は、ディズニー兄弟が設立したアニメーション会社に端を発します。, 現在は事業領域が多様化しつつあり、以下の4つの主要セグメント(事業領域)に分かれています。, しかし残念ながら、米国内の放送事業がメインのセグメントのため、日本に住んでいると日常で所有欲を感じることは少なそうです。, 人によりますが、ナショナルジオグラフィックぐらいは日本でもよく見かけるでしょうか。, ナショナルジオグラフィック協会自体はディズニーとは関係のない非営利団体なのですが、ディズニーと連携した合弁企業が、雑誌の発行や番組制作をしています。, なので、ナショナルジオグラフィックの番組や雑誌を見かけるたびに、所有欲を感じることができるでしょう。, (東京のディズニーランドのみオリエンタルランド社が運営しており、ディズニーからライセンスを受ける形態で運営されています。他の5パークは直営です。), 日本に住んでいると、海外ディスニーパークの話題はなかなか耳に入ってきませんが、東京ディズニーランドの話題はよく入ってきますよね。, 例えば、ディズニーランドに新アトラクションが誕生し、メディアで取り上げられる度に所有感を実感することが出来るでしょう。, その後、ディズニーのファンがパークへ来場し、『アトラクション300分待ち』のツイートがバズる度に、ディズニーの魅力や力強さを感じることができます。, 話は変わりますが、中学高校では修学旅行の日程にディズニーランドの日が組み入れられていることも多いんだとか。, そのほか、宴会や大会の景品としてディズニーランドのペアチケットを目にすることもたまにあります。(ゲットしたことはありませんが・・・泣), こんな感じで、国内では「とりあえずディズニー」というような市民権も獲得できており、そのたびに株主であることに喜びを感じることができそうです。, 2019年に歴代興行収入1位を獲得したアベンジャーズ・エンドゲームもディズニー傘下マーベルスタジオの作品です。, これらの映画が世界中で爆発的ヒットを飛ばすたびに、ウォルトディズニーの株主は所有欲を感じることができるでしょう。, 前述のStudio Entertainmentセグメントで挙げた映画や、オリジナルのドラマが見放題となる月額の動画配信サービスです。, 2019年11月12日に北米・オランダなどの一部地域でサービスが開始されましたが、かなりの好調で2日後の11月14日には利用者が1000万人に達したそうです。, おそらく、アジア圏を含めた日本でのサービス開始時には、Disney+が話題になるでしょう。, 中国・香港にもディズニーパークが存在するため、日中だけでもそれなりの数の利用者増が見込めると考えています。, 本記事では、ウォルト・ディズニー株へ投資することで得られる所有欲をまとめてみました。, ちなみにナマズはディズニーランドに興味はありませんが、アベンジャーズシリーズはすべて視聴済みです。完全にウォルト・ディズニーの養分ですね。, ディズニーランドのキャラクターや映画、アベンジャーズ、スターウォーズなどなど、まったく知らず、まったく興味ない人など、殆どいないでしょう。, ウォルト・ディズニーが手掛ける、懐かしみがありエキサイティングなコンテンツやテーマパークは、既に我々の生活に完全に取り込まれており、誰しもが部分的に養分であると思っています。, 日々の所有欲を感じるとともに、将来の力強い成長に期待して、株式の保有を一考してみてはいかがでしょうか。, 13日の米株式市場でウォルト・ディズニーの株価は急伸し、過去最高値を更新した。新しい動画配信サービス「ディズニー・プラス」の加入者が1000万人に達し、同社のブランド力を反映して急激なペースで伸びていることが示された。. ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)は、アメリカ合衆国の映像制作会社[1]。, CGIアニメーションを産業としており[2]、それを用いて長編作品や短編作品、テレビスペシャル作品などを制作している。, 1986年2月3日創立[3]。本社はカリフォルニア州エメリービルにある[4]。略称は「ピクサー」[5]。2006年5月5日よりウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社である[6]。また、レンダリング用のソフトRenderManの開発も行っている[7]。, 1979年、ルーカスフィルムが特殊効果を担当するILMに、ニューヨーク工科大学からエドウィン・キャットマルを雇用し創立したコンピュータ・アニメーション部門が、ピクサーの前身である。この部門は、『スタートレックII カーンの逆襲』や『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』などに携わった。『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』では、長編映画に初めて登場したCGキャラクターを手がけ、ILMに第58回アカデミー賞視覚効果賞ノミネートをもたらした[8]。1984年には短編作品『アンドレとウォーリーB.の冒険』を制作し、ディズニーが長年培ってきた「キャラクターに演技をさせる」という手法をCGで表現した画期的な作品として評価された[8]。, その後1986年、当時アップルを退社したスティーブ・ジョブズが、同社の株を売り払った資金の一部を流用し1000万ドルで買収[注 1]、「ピクサー」と名付けて独立会社とした。買収の背景として、ルーカスフィルムがCG作成ツールの研究による現金流出を止めたかったことと、ルーカスフィルムの視点がCG作成ツールよりむしろ映画制作に移っていたことがあった。独立当時の経営陣は、キャットマル、アルヴィ・レイ・スミス(英語版)、ジョブズであった。当初のジョブズの目的は、政府や企業にピクサー・イメージ・コンピュータというCG制作用の専用コンピュータを売ることであったため、ピクサーはハードウェアとCG用のソフトを開発、販売する会社としてスタートした[8]。その顧客の1つにウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオがあった。当時、マイケル・アイズナーCEOのもと新しい体制となったウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは、従来まで行っていた手間のかかるインクによるアニメーションの作画手法を、コンピュータとソフトを使った効率的な手法に切り替えており、CAPSというソフト開発の契約をピクサーと結んだ。この手法は『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』から全面的に用いられ、『美女と野獣』ではCGを駆使した画期的なダンスシーンも生まれた。その後、ピクサーはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとの関係を継続し、同社のCAPSの重要な技術参加企業になった。, ピクサー・イメージ・コンピュータの売り上げは芳しくなかった。自社製品の優れた性能を宣伝するため、デモンストレーション短編CGアニメーションを制作していたピクサーの社員ジョン・ラセターは、1986年のSIGGRAPHで短編作品『ルクソーJr.』の公開およびレンダリングプロトコルRenderManの提案をした。ピクサー・イメージ・コンピュータとソフトウェアを分離してソフトウェア部分を改良し、PhotoRealistic RenderManとして販売を開始する。, コンピュータおよびソフトウェアの売り上げは少なく会社の業績が悪化したため、ラセターのアニメーション開発部門は外部企業のためのCGアニメーションのコマーシャル制作を始めた。ソフトウェアの開発にはお金がかかるうえハードウェアは思ったように売れず、単独では劇場公開されない短編作品では興行収入も得られず、毎年100万ドルにものぼる赤字であった。ピクサー・イメージ・コンピュータ部門は、1990年にビコム・システムに200万ドルで売却されアニメーション制作会社となり、社名も現在の「ピクサー・アニメーション・スタジオ」となった[8]。その後、ピクサーとディズニーはCG長編アニメーション映画の制作のため、2600万ドルの契約を行った。, 1995年、ディズニーとの共同制作で世界初の長編フルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』を発表し、3億7000万ドル以上の興行収入を記録。1998年に公開された2作目の長編作品『バグズ・ライフ』も成功を収め、改めてピクサーの実力を証明した。2001年に公開された『モンスターズ・インク』は前3作品で主に脚本作りに関わったピート・ドクターが監督を務め、以後ラセター以外の才能が開花、それぞれの監督の個性が反映された作品が生まれていく。2003年に公開された『ファインディング・ニモ』は、アニメーション映画歴代最高の9億4000万ドル以上の興行収入を記録。CGアニメーションのトップランナーとして、ピクサーの名を不動のものにしていった。, 2010年には、カナダのバンクーバーに支社ピクサー・カナダ(英語版)を新しく開設した[9]。そこでは『飛行機メーター』や『ニセものバズがやって来た』などの短編作品を制作していたが、開設から3年後の2013年に閉鎖した[10]。, 2011年にジョブズが死去。2018年の社員に対する不適切なハグなどのセクハラ行為が原因となったラセターの退社や、2019年のキャットマルの映画業界からの引退により、ピクサーには創立者が不在となった[11]。ドクターがラセターの後任としてCCOに就任[12]、キャットマルの後任としてジム・モリスが就任した[13]。, ピクサーのすべての主要作品は、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズと共同制作している。開発やアニメーション制作、ポストプロダクションなどの制作面はピクサーによって行われ、配給や販売促進の配給面はディズニーによって行われ、またそのコストを負担している。ピクサー最初の長編作品『トイ・ストーリー』公開後の1997年、両社は今後10年間5作品の映画で制作費と興行収入を均等に2分配する契約を行った。また契約の際、映画およびキャラクターの著作権はディズニーが有し、分配後の10%から15%の興行収入をディズニーに支払うことも契約内容に含まれた。両社にとってこの契約は非常に有益であり、ピクサーの契約後の主要5作品は合計で25億ドル以上の利益を上げている。これは1作品当たりの興行でもっとも高い平均総収入に相当する。またディズニー本体の映画制作が振るわなかったこともあり、ディズニーの総売上の半分近くをピクサー関連が占めるまでになった。ディズニーとの不調和は、1999年に公開された『トイ・ストーリー2』の制作時から始まった。この作品はもともとビデオ作品として作られていたが、制作中に劇場用作品に昇格された。そのため当初契約に含まれる5作品とは考えられておらず、ピクサーはこの作品を5作品の内の1つと数えるよう要求したが、ディズニーはこれを拒否した。, 2004年の早い時期に、両社は新たな契約合意に向けて協議を始めた。ピクサーは制作した作品の著作権管理を目指していたが、協議は配給に関することのみであった。ディズニーとの配給交渉の局面で、ピクサーは『Mr.インクレディブル』や『カーズ』を含め、過去に制作した作品の著作権を引き渡すよう要求した。さらにピクサーは経済的自立を望んでおり、自社が制作した作品に対する融資と興行収入のうち、ディズニーに対する配給料15%を除くすべてをピクサーの収入とすることを要求した。ディズニー、特に当時のCEOであったマイケル・アイズナーはこれを受け入れなかったが、これにピクサーも譲歩せず他のスタジオとの提携も模索していた。, これで両者の関係は終局するかと思われたが、すでに稼ぎ頭となっていたピクサーを手放すことにディズニーの株主たちが反発、2004年にアイズナーが2006年の任期切れをもってディズニーのCEOを退任することを表明した。実際にはアイズナーの退任は2005年に前倒しされ、2006年1月24日に後任のボブ・アイガーとジョブズが、ディズニーが2006年夏までにピクサーを買収することで同意したと発表した。同年5月5日、買収金額74億ドルでピクサーはディズニーの完全子会社となり、経済的自立という自社の思惑とは裏腹にディズニーの傘下に入った[14][15]。結果ジョブズはディズニーの個人筆頭株主となり、同時に役員に就任した。また、ピクサーの社長であったキャットマルはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの社長を兼務することになり、ラセターはCCOとして両社のアニメーション作品を統括することになった。さらに、ピクサー作品の著作権はディズニーが所有することになり、これにともないディズニーが独自に企画していた『トイ・ストーリー3』もピクサーにより制作された。一方、『カーズ』のスピンオフ作品である『プレーンズ』および『プレーンズ2/ファイヤー&レスキュー』はディズニートゥーン・スタジオによって制作された。, なお、ピクサーの前身はルーカスフィルムの1部門であるが、2012年以降ルーカスフィルムもディズニーの傘下にある。, ピクサーは脚本を12人で分業しており、シーン毎に担当者をディレクターのような人が割り当てて行っている。それに加えて脚本を練り込むのに時間をかける事で有名で、平均で1本2年から3年かかる。また日本人も多く就労しており、2007年からは堤大介が美術監督として就任し、『トイ・ストーリー3』などを手がけている[16]。, 各作品の社名ロゴに登場する電気スタンドは、1986年公開の短編作品『ルクソーJr.』に登場する同名のキャラクターである[17]。, A113やルクソーボール、ピザ・プラネットのトラックなど、作品間でキャラクターやセットを共通化させることがある[注 2][18]。さらに、全作品にジョン・ラッツェンバーガーが声の出演をしている[19]。, 『トイ・ストーリー』、『リメンバー・ミー』[注 4]、『トイ・ストーリー4』、『2分の1の魔法』を除いたピクサーの長編作品すべてに、同社の短編作品が併映されている[29]。, 大抵の短編作品は併映された長編作品のソフトにボーナス・コンテンツとしてそれぞれ収録されるが、2007年11月6日に発売された『ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版(英語版)』に、『アンドレとウォーリーB.の冒険』から『リフテッド(英語版)』までの短編作品がまとめて収録されている[30]。さらに、2012年11月13日には『ユア・フレンド・ザ・ラット(英語版)』から[注 5]『月と少年』までの短編作品が収録された『ピクサー・ショート・フィルム Vol.2』が[31]、2018年11月13日には『レックスはお風呂の王様』から『Bao』までの短編作品が収録された『ピクサー・ショート・フィルム Vol.3』が発売された[32]。, 2019年に『SparkShorts』という短編作品シリーズを順次公開することが発表された[33]。これはピクサーに所属するアーティストやディレクターが制作した、独立した短編作品を集めたシリーズである[34]。同年1月8日にエル・キャピタン劇場でこのシリーズ最初の3作品『心をつむいで』、『ハイタッチ』、『猫とピットブル』を発表したあと、2月にYouTubeにてこれらを公開した。また、11月にアメリカ合衆国でサービスが開始されたDisney+でも配信されている[35]。, 1988年に発表した短編作品『ティン・トイ』は、第61回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した[36]。1995年に公開された『トイ・ストーリー』の成功により、翌年1996年にはジョン・ラセターはそのリーダーシップが評価され第68回アカデミー賞特別業績賞を受賞[37][38]。アンドリュー・スタントン監督の『ファインディング・ニモ』は、第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した[39]。続くブラッド・バード監督の『Mr.インクレディブル』も同賞を連続受賞。その後も快進撃は続き、ピート・ドクター、スタントン、バードがそれぞれ監督2作目を手がけ、『レミーのおいしいレストラン』、『ウォーリー』、『カールじいさんの空飛ぶ家』がすべてアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した。同賞は、リー・アンクリッチの初監督作品となる『トイ・ストーリー3』まで4年連続でピクサーの独壇場となった。, ちなみに、ピクサーが長編アニメーション賞を10回受賞している記録は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ[注 8]やスタジオジブリ[注 9]などの会社とはるかな差をつけ、最多の記録となっている。, 1999年に公開された『トイ・ストーリー2』では、第57回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞を受賞している[40]。そして、2009年の第66回ヴェネツィア国際映画祭ではピクサーのアニメーション界への貢献を称え、ラセター、ドクター、スタントン、バード、アンクリッチらに栄誉金獅子賞が贈られた[41]。, ジョン・ラセター - エドウィン・キャットマル - スティーブ・ジョブズ - ピート・ドクター - アンドリュー・スタントン - ブラッド・バード - リー・アンクリッチ - ゲイリー・ライドストロム - ブレンダ・チャップマン - ブラッド・ルイス - ボブ・ピーターソン - ジョー・ランフト, ※( ) 内の年代は、アメリカでの公開年/日本での公開年。1つのみの場合は、アメリカでの公開年のみ。, ピクサー社員はどんな環境で働いている? ピクサー・アニメーション・スタジオ潜入レポ, 知られざる『ピクサー』トリビア61選 「あのランプの名前は?」「トイ・ストーリー2のデータは一度全て消えていた」など (2014年5月19日), 【ネタバレあり】「トイ・ストーリー4」マニアックなイースターエッグ35個を徹底紹介! あなたは何個知っていた?, Disney Pushes Live ‘Mulan’ to 2020, Dates Multi-Studio Slate, Pixar's 'Soul' Delayed From June to November Amid COVID-19 Pandemic, Pixar's 'Soul' Bypasses Theaters, Sets Disney+ Christmas Debut | Hollywood Reporter, Pixar’s Luca Sounds Like an Animated Call Me by Your Name, ウォルト・ディズニー・ジャパン配給作品 劇場公開スケジュール一部変更のお知らせ|ニュース|ウォルト・ディズニー・スタジオ公式, Disney Dates A Ton Of Pics Into 2023 & Juggles Fox Releases With Ridley Scott’s ‘The Last Duel’ To Open Christmas 2020, ‘The King’s Man’ Next Fall – Update, ディズニー映画『トイ・ストーリー4』、ピクサー恒例の短編上映なし ─ シリーズ第1作以来24年ぶり、米報道, https://www.blu-ray.com/movies/Pixar-Short-Films-Collection-Volume-1-Blu-ray/27552/, https://www.blu-ray.com/movies/Pixar-Short-Films-Collection-Volume-2-Blu-ray/53330/, https://www.blu-ray.com/movies/Pixar-Short-Films-Collection-Volume-3-Blu-ray/213214/, Disney Pixar's 'Wind': The SparkShorts film blends magic with realism and leaves you with a beautiful cliffhanger, ヴェネチア国際映画祭栄誉金獅子賞に『カールじいさんの空飛ぶ家』のスタッフが!:第66回ヴェネチア国際映画祭, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピクサー・アニメーション・スタジオ&oldid=80411667.

京都 ランチ 安い 和食, Asus Simカード 取り出し方, プリウスα ダッシュボード 外し方, ステップワゴンスパーダ 8人乗り シートアレンジ, タバコケース レディース 可愛い, Vigore Pubg せかめん, センスのいい財布 レディース ブランド, パイシート レシピ 人気 1位, Iphone 画面割れ バックアップ 必要, 黒い砂漠 デイリー 戦闘経験値, カネボウ トワニー ミラノコレクション, 西宮 賃貸 デザイナーズ, イラレ 文字 パス, プロ野球 成績 歴代, 日立 洗濯機 修理, 内定通知 メール 企業側, 細巻き 弁当 具, Youtube アプリ ホーム 表示されない, Windows10 勝手にシャットダウン ログ, Yum Install Ipa-gothic-fonts, ソン ガンホ 出演 ドラマ, 韓国 免税店 シャネル, ディスコード 画面共有 できない, 枠 フリー素材 シンプル, ダイエットおやつ 手作り 簡単,

Leave a Reply