おおかみこどもの雨と雪 ネタバレ 死因 12

// ]]> 花は都会から田舎に引越して、少しずつ田舎の人との交流をするようになる。, 新生活に慣れてきたころ、雨と雪は「人間」と「おおかみ」どちらとして生きるか選択を迫られる。, といった話です。 そこから仲良くなり、恋に落ちて子供が生まれます。, 楽しい生活を送っていたのですが、ある大雨の日に突然おおかみおとこは家に帰ってこなくなりました。 なので、テレビ放送を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。 今月公開の映画「永遠の0」も実はちょっと変わった愛情の話でした。, 今話題の細田監督、最新作・映画『バケモノの子』の記事もありますので、よかったら見てください。. ここから花は一人で子育てをしていきます。 // ]]> 「おおかみこどもの雨と雪」ネタバレと結末についてです。12月20日に日本テレビ系列で地上波放送されますね。2012年に公開された「おおかみこどもの雨と雪」は大ヒットしましたね。 「人間」と「おおかみ」のハーフだから、どちらとして生きるか選ばないといけないってことですね。, 簡単にまとめると、おおかみおとこが死んだのは大雨のせいで、雨(弟)は「オオカミ」として雪(姉)は「人間」として生きることを選択します。, 花とおおかみおとこは大学で出会います。 今回の金曜ロードショー(SHOW!)の『おおかみこどもの雨と雪』は2012年7月21日に公開された作品。 スタジオ地図の映画です。, 絵のタッチが似ているので気づいた方もいらっしゃると思いますが、『時をかける少女』、『バケモノの子』, 『サマーウォーズ』を手掛けた細田守監督の作品ですね。, 日本にとどまらず、フランスをはじめとする海外で人気にもなりました。 スペインのシッチェス・カタロニア映画祭ではアニメーション部門で最優秀長編作品賞を受賞。, 世間一般には当たり前と思われている”子育て” しかし、当の本人たちにとっては当たり前でなかったりする。 実際に結婚して子供が生まれると、生活の面などでとても苦労することが多い。 環境や、支援もなかなか思うようにうまくいかない、受けられない。 同世代の悩みを共有できる友達がいない。 でも頑張らなければならない。, 作品は狼の子を育てる。 そういったちょっと違う視点からの作品だからこそ、これらを共有できる。, しかも、面白いのは私たちが成長して大人になってから、結婚してから、子供を授かってから見るとまた違う視点で見ることができるんです。 これがすごい。, なんですかね・・・ぎゅーっと胸を締め付けられるような想いになったことを覚えています。 色々な作品がある中、私の中では上位3位に入るくらい好きな作品です。, 声優キャストさんにも俳優業で活躍されている方が何人もいます。 そういった点も気にしながら見ると別視点から作品を感じることができるかもしれませんね。, 今回は、25分拡大放送のノーカット版。 放送1時間前の8時からは「LINE LIVE」もあり、見どころや制作エピソードなどが放送されるようだ。, 見どころやストーリーを紹介しますのでぜひ、作品に込められた想いも感じながら金曜ロードショーを見ていただけたら幸いです。, 大自然の中で成長していく母と子どもたち 人生の巣立ちの時、あなたは誰を想いますか・・・?, 卒業、入学、進級、入社…人生の巣立ちの時、あなたの脳裏に浮かぶのは、誰ですか?「サマーウォーズ」「バケモノの子」などを手掛けた細田守監督が贈る、ちょっと変わった母と子の成長と巣立ちを描いた感動作。主人公は、おおかみおとこと恋に落ちた大学生の女の子・花、そして二人の間に生まれるやんちゃな娘・雪と内気な息子・雨。人間として生きるのか、おおかみとして生きるのか…。子どもたちに可能な限りの「選択肢」を与えるため、たったひとりで奮闘する花の姿は観る人の心をとらえて離さない。宮﨑あおいをはじめ、大沢たかお、黒木華、菅原文太、染谷将太ら豪華キャストが声優として集結。この春、新しい人生を歩み始める人必見の人生讃歌だ!引用:©Nippon Television Network Corporation, 花(宮﨑あおい)は、両親を亡くし、アルバイトをしながら大学に通っている大学生。ある日、大学に授業を受けに来ていた青年(大沢たかお)と運命的に恋に落ちるが、彼はニホンオオカミの末裔の“おおかみおとこ”だった。秘密を含めて彼のことを受け止めた花はやがて恋に落ちる。2人の生活が始まって程なくして長女の雪(大野百花/黒木華)が誕生。つつましくも幸せな生活が続くかと思われたが、弟の雨(加部亜門/西井幸人)が生まれた直後、彼が命を落としてしまう。, 感情が高ぶるとおおかみになってしまう“おおかみこども”の育児に一生懸命に挑む花。しかし、都会での子育てに限界を感じ、人里離れた山奥への引っ越しを決意する。ボロボロの古民家を自力で修繕した花は、節約のために家の前の畑で野菜を作ろうとするが、野菜は思うように育たない。途方に暮れていた花に手を差し伸べたのは、近所に住む老人・韮崎(菅原文太)。厳しいながらも、農業の基本を根気強く教えてくれた韮崎のお陰で、花の畑にも豊かな実りが。花の周囲にも次第に近所の人たちが集まり始め…引用:©Nippon Television Network Corporation, 花:宮﨑あおい 彼(おおかみおとこ):大沢たかお 雪:黒木華(少女期)、大野百花(幼年期) 雨:西井幸人(少年期)、加部亜門(幼年期) 韮崎:菅原文太 草平:平岡拓真 草平の母:林原めぐみ 田辺先生:染谷将太 土肥の奥さん:谷村美月 堀田の奥さん:麻生久美子 韮崎のおばさん:片岡富枝 細川:中村正 山岡:大木民夫 ラジオ・アナウンサー:桝 太一, ・何十回見ても大好きな映画。 ・何度見ても愛を感じる作品。 ・三人の成長を強く感じられる温かい物語で大好き。 ・三人で緑豊かな田舎に移り住み自給自足の生活を始めるシーンがとても印象的。 ・おかあさん、強い! ・何度見ても泣ける。 ・とてもとても大好きな映画! ・成長していく姿に勇気をもらえる! ・見直してみると花のお母さんとしての気持ちも分かる ・細田守作品の中でも1位2位を争うお気に入りの映画。 ・何度見ても感動します。 ・何度見ても飽きない細田守作品。 ・花の愛情が強い。 ・見た後は母親に感謝したくなります! ・心温かいけれど、しっかりとしたメッセージ性のあり、何度見ても泣ける映画。 ・毎回泣きそうになる! ・この映画で初めて泣かされました ほんとに泣ける映画音楽もすごく綺麗で映像とあってる。 ・この作品の中でとても強く印象に残ったのは、雨が幼馴染にに自分の本当の姿を告白するシーン。 ・好きな人の言葉をそのまま信じる、あの純真な心は、どこへ行ってしまったのかと考えてしまいます。, ここだけ見ると暗い感じの作品になってしまいますが、全体を見ると花の力強い生き方が全体に反映されているので明るい感じの印象を受けます。 「辛い時こそ笑う」 これが大事ですからね。, 交通事故は、犬や猫など動物にある光景です。 街中で狼が・・・なんてことは滅多にありませんが、猫などが道路に横たわっているあの感じ、車が急には止まれないこと、交通事故が多いこと、”野良猫などの動物が人間のいる世界で生き抜いていくのはとても大変なことだ”ということを意味しているのではないでしょか?, 嵐で川に落ちてしまったというのも、”人間界で生き抜くのは大変なんだ”ということを意味していそうです。, 死因について本当のことはどこにも書いてありませんが、 このシーンでは”人間界で生き抜くのは大変なんだ”そんなメッセージがあるのではと思いました。, 最後は離れ離れになっているんですがその後はどうなったのか? これは推測になってしまいますが、様々な場面から予想できることがあります。, 雨は森の主と出会ったので、野生の狼になります。 色々とあった子供のころ、泣き虫の雨はしっかりと成長して心も体も大きくなります。, 人間ではなく狼になったことで過酷な環境の中生き抜くことができるのでしょうか? 作品を見ていると、異様に成長が早く感じますよね。, 狼の子だからでしょう。 そうなると寿命も人間より早いはず。 30~50歳くらいなのではないでしょうか?, 花は、雨が忽然と姿を消したことで沢山の人に質問攻めにあったでしょう。 学校、周囲の人たち。 そんな中で生き抜く言葉巧みな技術を身に付けていったはず。 自分を押し殺して笑顔でいることも大事だったり、嘘をつくことも子供を守るためには必要と。, その時、見る「おおかみこどもの雨と雪」はまた違って見えることでしょう。 それも楽しみ。. 花は、山の家で一人で生活をします。, おおかみおとこと花のこどもは、おおかみと人間の少し変わった恋物語でしたが、 「おおかみこどもの雨と雪」ネタバレと結末についてです。12月20日に日本テレビ系列で地上波放送されますね。2012年に公開された「おおかみこどもの雨と雪」は大ヒットしましたね。 ⑤おおかみこどもの雨と雪 pixivでも人気の雨のかっこいい画像集. // ]]> その後雨と雪は順調に育ち、二人とも小学生になります。 おおかみこどもの雨と雪はというと・・・ 原作も同じところでで終了してますね! その後は不明のため、以下は予想と願望です。 おおかみこどもの雨と雪 花編. いやね、狼男の話だからと想像した話と全然違ったのですよ。狼男だということがばれて、猟友会に追い回されて、果ては撃たれて死ぬ、といったような感じを想像してい … 花を喜ばせるために狩りに行ったおおかみおとこは、大雨のせいでおぼれてしまったのです。 今回の金曜ロードショー(show!)の『おおかみこどもの雨と雪』は2012年7月21日に公開された作品。 スタジオ地図の映画です。 絵のタッチが似ているので気づいた方もいらっしゃると思いますが、『時をかける少女』、『バケモノの子』, 『サマーウォーズ』を手掛けた細田守監督の作品ですね。 [CDATA[ google_ad_client = "ca-pub-7063766856176644"; /* 記事中 */ google_ad_slot = "6761133619"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250; 今回は映画【おおかみこどもの雨と雪】のネタバレや主題歌などについて見てきました。 天真爛漫な雪と、恥ずかしがり屋の雨。 ふたりは対照的な性格ですが、雪にも雨にも共感できるところが本作の魅力のひとつですね。 ではまた次回! [CDATA[ google_ad_client = "ca-pub-7063766856176644"; /* 記事中 */ google_ad_slot = "6761133619"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250; 好きなものは空と緑とS2000とガンダムとラジコン・ミニ四駆、Perfume(かしゆか)。ときどき子育てとキャンプ。, ▼サマーウォーズの舞台・上田に行ったら、細田監督に会っちゃいました ([の] のまのしわざ), 先入観が入るのであえて「『おおかみこどもの雨と雪』、わかりやすい主役の不在というむずかしい課題に挑戦した結果はあったのだろうか?(ネタバレあり):[mi]みたいもん!」を読まず、映画を見てきました。, いやね、狼男の話だからと想像した話と全然違ったのですよ。狼男だということがばれて、猟友会に追い回されて、果ては撃たれて死ぬ、といったような感じを想像していたのですが。, 2時間という映画物語の中で、ストーリーは淡々と進んでいきます。狼男との出会い、そして出産...そして悲劇は突然訪れます。, ここまでがイントロダクション、ここからが本当の物語のはじまりだったことは、その後気づくことになります。, オオカミは野生であり、父は父性の象徴。突然の死を迎え、粗大ごみとして処理されちゃうのです。なんという残酷なシーンでしょう。というのも、現代において、野生・父性というのはそれだけの価値しかないということを厳然とつきつけているからです。, そして物語を通して残された父性は無口で笑わない生真面目な田舎の「韮崎」じいさん、のみとなります。この人以外はみんな話が上手で面倒見がよいのですが「韮崎」のじいさんは、, と一番実りのある手助けをしているのでした。これはなかなか評価されない、されにくいことです。昔ながらの頑固おやじ、をまさに具現化した存在。, 本来父親がそうであるべきところ、なのですがなにせ狼男は急逝して粗大ごみですからね。そして爺さんも老い先は長くなく、いかに現代における「父性」が消失寸前であるかを暗示しています。, 一方で花開くのは「母性」です。とにかく母性万歳、母性最高の物語となっています。母性とは自己犠牲、子供のためであれば、自分の命を投げうってでも助けるという究極の愛です。花(母)は残された2人のこどもを育てる、というたったそれだけの目的のために、一人田舎暮らしをはじめるのです。, 子育てを親類縁者、友人、知人、誰も助けることがないのです。これも象徴的な出来事で、確かに父親が狼男で子供がハーフ(実際にはクオーター?)だとしても、まったくの理解者がなく一人奮闘する姿は健気ではあるのですが、現代社会の冷酷さが現れています。, いつも明るく笑っている花(母)に守られて、子供がどうなったかというと...長女の雪はおいといて、長男の雨はグズグズです。虫や田舎暮らしが嫌で、なにかあるとすぐに「いいねいいねして」~と幼少期にありがちな甘えん坊に育ち、それを花(母)はよしとしているキライがあります。まあ母性だから仕方ないのですが。, 100%の母性は幼少期はともかく、こどもを「男性」を育てていく場合に成長を阻害する働きもあります。, 雨は劇中で「先生」と呼ぶ野生の象徴に触れ合うことによりより男性的な「野生」を取り戻し、自立へと向かいます。しかし花(母)はこどもの成長、自立に気付かず、幼少期と同じようにこどもを守りたい一心で自分の命を危険に晒してしまうのです。, 本来であれば、父性と母性がバランスしてはじめて子育ては成立するものですが、突然の父性の喪失、母性だけによる子育ての限界、そして現代社会の孤独が織りなす歪みにより、子育てが大変難しくなっている現状をつきつけてます。, 強くなりすぎた母性の行く末には何があるのか。それは動物園の檻の中の年老いた森林オオカミが象徴しています。, 動物園で生まれ育ったオオカミは野生を失い、ただ死に向かってゆっくりと進むのみ。見た目はオオカミそのものですが、オオカミらしい生活を学ぶ「先生」にはなれませんでした。で、これが誰かというと、我々(男性)なんですよ。, 檻の中に暮らしているうちに本来もっていた野生的なものを失った、平成社会の男性諸君なのです。, 本来男性がもっていた野生というのは例えば昭和映画でいえば、任侠映画やトラック野郎に代表されるようなぶっきらぼうで、暴力的で、ギャンブルと酒と女に溺れ、でも女性に尽くしてもらい、最終的には一人の女性を守る、みたいなもの。, もし狼男が生きていたら、子供が大きくなるにつれ経済的に厳しくなり、子育てストレスが高まった花と衝突し、酒と女に溺れ、なけなしの金をパチンコにつぎこみ、家に帰らなくなってたまに帰れば「金、かしてくれよ、倍にして返すからよう」とゴロツキみたいな風になり、果ては「どうせ、おれがオオカミだからって蔑すんでんだろ!」と自虐的、自暴自棄になって喧嘩にあけくれて果てはヤクザ・・・みたいなストーリーが待っていたはずです。, で、こういった昭和映画の雄といえば菅原文太であり、「韮崎」の爺さんの声をあてているという運命。このキャスティングは偶然なのか、それとも狙っているのか分かりませんが、昭和時代、父性と野生をふりまいて人々を魅了した菅原文太が最後の父性として物語に留まっているのが示唆的です。, 一方父性の喪失で、行きすぎた母性の果てに待っていたものが、草平(雪のクラスメート、転校生)の母です。子供が傷付けられた時、子供を守るという母性が暴走し、花への要求が余りにも攻撃的かつ破壊的です。自分の子供が傷つけられたからといって、人の家庭、生活を壊そうというのはやりすぎなのですけどこういう場合に「そこまでいうことはない」と止めに入る存在が父のはずなのですが、やっぱりいないんですね。ある意味徹底的です。, そしてこの母性は女性と対峙することになります。というのも、草平の母は再婚、妊娠することで前夫の子供である草平を「いらない」とするのです。なんという身勝手さ、なんという自分本位。, それまで母性100%だったのが、掌返し。しかしこれが女性というものであり、女性の冷酷さを対比的に描いているのです。昭和映画であれば、他の女を孕ませるといった掌返しは男性の十八番だったのですが、こちらも対比的です。, 一人の男性として、父としてこの映画を見たとき、花と雨(長男)の関係性が妻子とオーバーラップして、本当に絶望的な気持ちになりました。うちの子は9歳、この先雨のように自立してほしいわけですが、それをさせまいという母(妻)がいます。いつまでも「いい子、いい子」じゃないだろうと思うのですが、父性を拒絶された家庭生活では私の入る隙間がありません。私は幸い生きてますけど、教育に関しては狼男同様、存在しないも同然です。, これが私の家の特殊事情かというと、実は世の中の家庭の多くがそうなっているんじゃないかという危惧もあります。特に一人っ子の男の子の家庭。小学生にもなって、添い寝とはありえないだろう、と思うのですけど聞くとそんな家庭はザラでした。, 10年という歳月、子供の成長は著しいですが、大人はその間実はあまり成長しないです。いや、本来は成長しなければならないのですが、成長しないというか、成長を拒むというか。いつまでも子供には子供(幼児)であってほしいという願望が見え隠れします。, 物語上、唯一の望みは雨が外に「先生」を見つけ、新しい世界を学習するうちに自立し、野生を取り戻すこと。, 24時間365日の母の保護下から外れ、世界を自ら切り開いていくのです。そうです、それが男というものであり、野生なのです。危険? 先が見えない? そんなの当たり前。楽しい、喜びだけではなく、苦しさ、つらさといった中に生活があるのです。韮崎の爺さんが「笑う」=楽しい、喜びを表現する表情に対して拒否反応を示すのは、冷酷な自然と対峙してきた野生人間だからこそです。, 野生がなぜ重要か。それは危険を常に意識しているから、本当の危険を察知することができる点です。物語最後の嵐の日も雨がいち早く危険を察知し、雪に警告を出します。しかし雪も花もそれをとりあうことはありませんでした。, 母性というのは常に安全であることが第一です。しかし安全な場所にいすぎて、危険が迫っていることを察知する能力が欠落していくのです。そしていざ危険にさらされたとき、回避するのではなく、糾弾することしかできないのは草平の母の例で明らかです。しかしこれを女性に求めるのはやはりお門違いです、なぜならやはり野生は男性の役割だから。, 雨は狼として生きることを決断し、旅立ちます。同じようにうちの子が外に「先生」を見つけ、世界を学習し、自立すること。それを私は免許証という檻の中から見守るしか他に術がないのです。それほどに平成社会の母性偏重は行きすぎているのです。, 絶望したからといって、悪い映画ではありません。むしろ、現代日本の持つ歪みを「狼男」という古臭い、もはや絵本の中でさえも現実味の薄い題材を使って、ストーリー的にも、映像的にも綺麗に昇華させた点において、とてもいい映画だと思います。ただ、父として男性として、重かったというのが正直なところです。, ▼『おおかみこどもの雨と雪』、わかりやすい主役の不在というむずかしい課題に挑戦した結果はあったのだろうか?(ネタバレあり):[mi]みたいもん!.

魂焔の龍砲 冥灯 カスタマイズ 8, 日本生命 Cm 曲 4, 猫 慣れない 威嚇 6, 響 30年 抽選 28, レクサス Ct 男 4, 読書 音楽 Daigo 5, X E3 ポートレート 8, フィッシャーズ 心霊スポットで やってはいけない こと 13, マイクラpe 違う Wi Fi 5, ホンダ S1000 2ch 13, バンドリ リセマラ 終わらない 4, キャンプ 寝癖 直し 5, エリツィン クリントン 爆笑 9, B's Recorder 16 起動しない 4, 気の強い 子犬 噛み癖 14, ジュニアユース サッカー ブログ 6, 金運 画像 強力 8, 二階堂 いいちこ Cm 4, 宮崎 焼酎 飫肥杉 4, どうぶつの森 64 Wiki 32, スプレッドシート 文字列結合 改行 5, プライバシーマーク 費用 格安 4,

Leave a Reply